FC2ブログ

海で釣りは最高だが・・・

おはようございます!

久しく竿出し等しない
間に世の中
恐ろしい展開に

のんびり釣りなんか
している場合じゃ
ないかも・・・

でもこんな時期だけ
に海で・磯で
のんびりも悪くない


っていうか
ただ釣りがしたい
だけじゃねぇ?


実は先週
恒例の高齢の
親父とホッケ釣りへ


早起きは無理なため
8時半到着でも平日

あわよくばの期待
一瞬で吹き飛ぶ

過去に見た事のない
大盛況ぶり

あんなに狭い範囲に
恐ろしい車の数に
感染もあり得る隣の
釣り人との距離

直ぐ隣にいるのよ

手前の堤防へ行くも
全く当たりなしで
撤収しました


久々の今日
場所は何処でも可


でもこの時期の
艫作はどうよ?と

今ではここの
てっぺんから
落ちた人で知る
人ぞ知る(笑)


トラウマ克服しよう
とソコを通る度に
足はやや震えが


痛めた個所は
冷え込んだり
気圧が下がると
けっこう病むのよ


息切れしやっとの
思いでたどり着く
先端も


愛犬ピースとの
かけっこのお陰で
そこまで難儀せずに
着いた


DSC_3939.jpg

コレだよコレ

海はやっぱいいっす

おまけに天気も

予報より波も風も
そこそこあり尚いい

堤防にはホッケ
釣り師がわんさか
押しかけていた

でも、磯は貸し切り

この広い海
好きなフカセ釣りで
今日を過ごす

こんないい事
他にないもんね

結果はともあれ
好きなとこで天気も
いいし海の状況も
いいんじゃない?

世の中同様に
そんな甘くはない

DSC_3937.jpg

コレがファースト
ヒット!!


写真は切れて
しまい上手くアップ
出来ないけど


ゴンゴンタナゴン
だからいいのだ


型はいいよ


塩焼きは美味い
ので型がまずまず
の場合キープします



その後ホッケが
ボチボチ
タナもメチャクチャ
続かないし


けっこうムズイ


その後シーン


帰ってくるエサが
冷たいなぁ~


まれにグー


午後唯一の
当たり


深場狙いに
ようやく食いついた
まずまずのアイナメ

DSC_3946.jpg

上がってくる
時は一瞬期待
してしまいました


グレと違い
この時期のいい
感触はホッケの
化け物サイズや
アイナメなど


上がってくるまで
分からんのも
楽しい


結果は相変わらず
でしたが久々の
海は心地よく
温かく迎えてくれ
ましたね


いよいよ、のっこみ
開幕間近です


でも、この先どうなる
のか大いに不安です



っていうか



かなり前から
黄砂もかなり
酷いのよ


おまけにPM2,5?


どうしてくれんのよ


オイ???


こんな時に
先頭にたって日本国民を
守らないといけない人が
大ウソつきで周りは


自分の
とこの企業の儲け
ばっかり考えてる
日本のアホな政治家
どもよ

なんとかせー!!

たまには仕事しろ

まあ無理だわな


このままいけば
釣りにも影響して
くるでぃ!!!

先ずは竿出し!

今年も宜しく
お願い致します


先ずは、何は
ともあれ竿出
さんと


普段は行けない
連休中ですが
都合ついたので
出撃ー!!

年明けで
厳しい条件の中
比較的釣りが
出来そうな本日


いるわ


いるわ


フカセ釣り師が


嬉しくなりました


こんなにいるん
ですねぇ~


途中の目ぼしい
ポイント何処も
人入ってます


狙いの艫作
だめ~

椿山も人が


結局、ホッケが
湧いてはいるが
それなりに釣果
が出てる沢辺へ


右側、なぜか
空いてます


ホントはテトラが
良かったが
未だ凍っていて
ツルツル


危ないので
右側先端へ



一投目
ウキが入り

DSC_3317.jpg


木っ端ですが
嬉しいヒット

何と言っても
今季初ヒット
だからね





その後乗らない


深くして
まずまずのホッケ


写真はなし


数匹追加


サヨリはこない
鰺もいない
タナゴンや
グーもいない



結局
終始囲まれて
しまいました



何処、仕掛けや
タナ変えても
当たるのは
ローソクのみ


1時半で
心が折れて
しまいました


終了です


一投目の
木っ端グレ
以外は全て
ホッケという


但し、本日は
何処もかしこも
相当な人出
でした


改めて
寒クロの人気
見せてもらい
ました


良かった



もっともっと
フカセ釣りが
盛り上がって
欲しいな~



のっこみ
までオフにするか
もう1回位
悪あがきするか


悩みます


考えます


今年もどうぞ
ヨロシクお願い
致します!!


竿納め!!

おはようございます!

今年最後の釣行
ようやく憧れの
椿山へ


秋以降
行きたくても
荒れた日ばかりで



幸い先行者さん
一人


挨拶をして
ほぼ同じ時間に
出発した


その方は
年齢は私より
上に見えた



釣り座の優先権
は当然その方
にあるので


自分は空いて
いるとこへ入る
等告げた


驚きました

歩くの速いの
なんの


このペース
は幾ら何でも
速すぎかと


自分は自分の
ペースで行くわ


と歩いてみた
ものの、差が
広がる一方


何だかちょっと
悔しくなってきた


歩くペースが
無意識に上がる


歩く道筋は知って
いるつもり


途中追いつき
ました


がまたまた
どんどん離れて
いきます


ところが
中間より少し
のとこで
逆転してしまい
ました


ヤッター!!



更に今度は
ぬかせまいと
先を急いだ


アホか?!


この時点で
もはや自分の
ペースではない


そう
完全に私の負け
なのである



案の定
急ぎ過ぎて
普段通らない
道へ入って
しまい


当然、そこで
先行を許して
しまう


何を
やってんだか


競争じゃない
んだから




普通険しい道へ
来れば多少
はゆっくりに
なるもの


ところが
今日の方は
そのペースが
全然落ちない



恐らく
椿山先端へ
はこの人が
一番速いと思う
(笑)



その方、釣り座に
着いて直ぐに
準備運動だ


それを
へたり込んで
唖然呆然
眺めておりました


化け物だー



肝心な釣果は


デカホッケ数匹

ホッケをさけて
タナを上げて
ました


何もこないので
最後は底狙い


最後の一投で
かけた良型の
なぜか真カレイ


朝一ビックワン
ヒットも一瞬で


チモト切れ



寒クロ
コブダイ
あたりか


ヒラマサや
寒グレでは
ないだろう


エサが残りっぱ
ホッケのタナも
かなり深い


今年最後の
釣りも釣果は
相変わらず

DSC_3248.jpg

でも
やっぱり磯フカセ
釣りは楽しく
あっという間
でした


エサは残りっぱ


嬉しいことに
木っ端グーが
全くいない今年


他のエサ取りも
皆無状態でした~





最後に

今季釣果には
全く恵まれない
1年でした


ブログを通じて
地元の方にも
声をかけてもら
ったり少数です
がライン交換も


そこは
大変有意義で
ありがたい時間
でした



フカセ人口は
減る一方ですが
この釣りの楽しさ


素晴らしさを
ちょっとでも
共有したり
拡大に繋がれ
ばとブログ
始めました


また来年も
ヨロシクお願い
致します


どうか良い
釣りを!!!

真冬なのに

DSC_3197.jpg

おはようございます!



あまり選択肢が
ない今日
ここにするか


椿山の先


ここ数年
グーしか釣った
記憶しかない


しかも予報に
反して静かだ


何か嫌~な
予感


ちょっと
トラウマなとこ
だけど


数投したが
残りっぱだよ


おいおい
ここでこの状況
はあり得ないよ~


ちょっとは希望
が持てるかも


すると
お魚ちゃんの姿


正体は釣って
判明


ゴンゴン
タナゴンだ


その後
いい引きの
当たり


走る走る


まさか
まさかの鰺


でも木っ端では
なくお土産
サイズだ


その後連発の
別の意味での
嫌~な・・・


そうこうしてたら
鯵の群れに
ホッケどんが
混じり出す始末


しかも
よりによって


その中の
一番デカイのが
かかるし


グレの時とは
真逆の展開(笑)

DSC_3199.jpg

グレのグの字も
ない

と思ったら

DSC_3194.jpg

いきなり

まあ
木っ端だけど
嬉しい1枚っす


その後は
お約束の
鯵ばっか


ひったくる
ようなヒットで

DSC_3203.jpg

まさかの
サヨリ


型もまずまず
なので初めて
キープ


その後数匹
ゲットした

夏と違い外は
0℃なので
魚が下がらず

めっちゃ
美味かった



光物好きには
たまらんよ


風も波も
強くなるが


鯵地獄は止む
気配なし


たまには
気分転換でと
ワンド中へ


ここはまだ
鰺が入っていない
筈だ


最初のコマセ
を2,3発打ち


沈ませたウキが
見えなくなるまで


加速しないし
奥の方でボヤけて
見えるウキ


ちょっとだけ放置


回収しようと
巻いていると
急に重くなった


なんかついてる
多分、正体は



DSC_2526.jpg


一応本命

30半ばあるか
ないかの・・・


釣ったではなく
釣れていたって
ヤツだ(笑)


でもその後
鰺軍団来襲で
ワンド終了

大分風に
つられて波も
高くなってきた


納竿が近づく
中で遠投したウキ


スパっと消えた
型のいい鰺

と決めつけたが

DSC_3202.jpg

まさかのグレ

色は回遊タイプ


足裏サイズでした


でも、いるんだね


その後何処へ
遠投しても鰺


最後の4時まで
粘りました


自分的には
臨機応変に攻めて
みたつもり


でも

何か中途半端
な釣りになって
しまったかな


ホッケが混じり
型のいい鰺

こっちも型がいい
サヨリって


何だコレ


12月後半だよ



今日、近くで
フカセ釣りを
していた方に
話しかけてみた


普段完全
単独釣行の自分


しかもグレ釣り
なんて周りに
いません


でもね
知らないって
恐ろしいね



自分の得た知識
がいかにまだまだ
と認識させられ
ましたわ



この時期でも
狙って型のいい
グレ釣れるんです
この最北の地で


いやあ、ビックリ


ホント
驚きました



自分には険し
すぎるので
行けませんが


他にもスゴイ
情報ありがとうご
ざいました




しかし
今日の海

たまたまなのか
賑やかでした



実はまだまだ
これからなのか


判断難しい


こりゃ無理しても
もう1回行く必要
があるな

行けるかなぁ


読んで頂いて
ありがとー!!



両サイドの方々と


おはようございます!

普段休めない
週末の㈯に
出撃できることに


普段週末の
磯の賑わいは
どうよ???


週末来たこと
ないし


でも初冬の磯
本来は寒クロなど
狙いやすい時期


途中の風合瀬
の大島にけっこう
な車が


さすが週末で
絶好の凪日和


そうだよねと


こっちでは珍しく
場所空いてるか
心配になってきた


真っ暗な5時
ちょい過ぎに
本命場所へ


意味もなく
ゆっくり
ゆっくり
駐車場に近づく
と・・・

やっぱりね


艫作へ即移動


ココも
車がスゴイ


漁師さんの車と
堤防やゴムボ
の方などの車
がごっちゃに


高岩はどうか?


途中ヘッドライト
みたいなのが
見えたが


ここの堤防は


思い出しても
ゾッとする
転落し大怪我
しそうになった
とこ


真っ暗中で
ヘッドライトを点け


ハシゴを登る


てっぺんの幅が
暗いので余計に
狭く感じる


ゆっくりそろり
そろり歩を進める


高岩先端付近
ライトは見えるが
先のビョーブ?

どうもハッキリ
分からん


でもここは無理
せず明るく
なるまで待って
出陣しよう



まさに登る寸前
また一人釣り人が
流石㈯だね


挨拶をした


するとブログ
書いてる方
ですよね?


嬉しいっすね

大した釣果でも
ないのに
読んでくれて
いる方から
こうして声を
かけて頂くのは


するとここから
落ちたんですよ
ねって


やはりそれは
来た事ある人から
見れば衝撃の?
事故


普通落ちない
からね


釣果とは全く
関係ないことで
声をかけて頂く



ある意味私らしい
かも(笑)



釣り座まで
一緒に行きましょう
と声をかけたら


準備が遅いので
先にどうぞとなり


先に行くことに


後からくる方に
モタモタして
迷惑はかけられ
ないので


自分なりに
相当無理をして
先を急いだ


先端には
先行者がいたので
その手前に入る


荷物置いて
来た道を見る


流石にまだその
方は来ていない
ようだ


相当急いだ
からね、おっさんは


背負子に手を
かけようとして
振り返ると
その方なんと
もう横にいました




いつの間に~




ぜ~ぜ~と
急ぐおやじの
直ぐ後ろに
いたんだろうね


さて、今日の海
はどうよ~?

DSC_2993.jpg

何とも静かだ
サラシは殆どない


撒き餌さを
作り先端の方へ
挨拶に行った


どうもグーが
多い気配と聞き
今日の釣りは
厳しいかなと


DSC_2995.jpg


海に挨拶し
観察



すると先端の方
竿が大きな弧を描く


思わず見に
行っちゃいます


寒クロのいい型
かと思いきや
50近い赤


ヤル気
スイッチ入ります


ほどなくウキが
けっこういい
スピードで消えた


グーっと手前に
来てグンと潜られ
終わった


耐えられない
引きだった


何?


今の何?!


グレとして
おこう(笑)


早々に切られ
俄然燃えて
きましたー!!


デカいのを
バラした後だけ
にその後は
厳しいかも


が数投で
またしてもウキが



前回もココで
赤を釣っているし



赤か黒か
上がるまで
分からん



横にけっこう
走るので・・・

DSC_3008.jpg

久々のまとも
サイズなので

サイズ聞かれて

40半ばかな

ちょっと大きく
言ってしまい
ました(笑)
すみません


その後
ベラっちと
でかグー


今日はいいかも

DSC_2999.jpg

3本にも
スゴイ賑わいだ

凪で天気も
いい週末だと
こんなに人出
あるんだと
ビックリしました




そこそこ濁り
ちょっとだけ潮も



がその後
シーン


エサも冷たく
なり


長い長い沈黙の
時間


夕マズメの期待
も一瞬でした


ジワジワと入る
ウキが消えた

軽い合わせ


ズンとのったと
同時に


ぶちぃ


おいおい
またかよ


正体は
多分ですが


コブかと


外道ラッシュ
に入った昼前に
足裏のコブが
釣れた



恐らく・・・でしょ



今日はグの字も
出ませんでした


姿を見る事なく
納竿へ

DSC_3001.jpg

この景色で
少し癒され
ました


この時間に
撤収でヘッド
ライトなしギリギリ
でしたー



先端の方
帰り際

ブログ書いてる
方ですよね?

県内では
フカセで書いて
いる人少ない?
他にいない?


驚きました



稀に言われる

年に一回程度
はあっても



しかも大事な
ロストしたウキ
タモですくって
拾ってくれました


ありがとう
ございました


貴重なウキ
だったので
有難かったです





期待された
午後は夕刻の
一発切られた
意外、何事も
なく終了


途中、何とエサ
残りっぱ


あり得ます?


この時期に
こんな状況??


最初はドキドキ
しましたが
あまりにその
状況が長く・・・


冷たい潮が
入ったせい?
で厳しい釣りに
なってしまい
ました



という言い訳



途中澄んできた
潮に偏光で確認も
魚が全く見えない


深くすると
たま~につつ
かれる


べた底を這わせる
ような攻めにもっと
徹底するべきだった
か・・・と反省


あ~だから釣りは
面白い


ましてや
広い釣り場で
たまたまこの日
両サイドの方
がブログを見て
頂いてる方とは



ありがたいよう
な嬉しいような
不思議な感じ
でした~



見て頂いて
ありがとー!!
プロフィール

フカ せたろう

Author:フカ せたろう
東京時代にグレ
釣りの魅力に

最北の地で
短い期間ですが
グレ釣りこそ
至福の時として
楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR