FC2ブログ

今更ですが・・・

おはようございます!


木っ端グレ釣行に一度行きましたが
何か(笑)


今朝は湾内の
漁港に来ています



昨年ある漁港で
知り合った方との
交流から最新の
情報をゲット



ぶち切られた~


飛ばされたーとか


こりゃ行くしかない
と51キロの道のり
は早朝あっという間


あまりに早く着い
たので周辺チェック


テトラ希望だった
ので場所確認


薄明るくなり
車から荷物を降ろす


やってしまった
スカリとナイフ
忘れたー



もし釣れたら
どないすんねんと

後でエライ目に



テトラに移る際に
ちょっと不安に
なった


荷物置けないし
足場はめっちゃ
不安定だ


堤防の上に移動
も同じ


例の転落事故から
あまり無理は
出来ないなと


しかも
木っ端メバル
軍団に全くエサが
残らん


周りも皆、そう


ここで粘るよりも
場所移動決断



澄んでいて
潮動いてない


ここは思い切って
龍飛崎へ大移動

93キロだって


まだ朝の六時丁度
だから本命ダメ
でもどっかでできるべ


朝マズメ逃しながら
93キロは遠かった


やっと着いたソコは
一人ルアーマンが


思ったより風強い
波もあるなぁ~


挨拶をしたその
方はほどなく帰る


こんなスゲーとこ
貸し切りだって

わおっ

DSC_5619.jpg


いつ来ても
絶景だわ~


過去に1日の釣行で
何度もブチ切られた
ことがあった


とんでもないとこ

DSC_5624.jpg

沖に出て行く
サラシではないが
いい感じだ

早々にメバル
ベラ、タナゴ
稀にグーも

手の平グレ
登場にテンション
上がる


が後が
続かない



今度は
ウキの馴染み
がとてもいい


じわーっと
入るウキが
一瞬で海底深く


ズドン


いい引きだよ


釣っている本人
は型のいいグレ
だと


いきなり40の
グレだったら
どないしよ~


で上がってきた
のは

DSC_5599.jpg




40ジャスト
もっとも美味しい
ナイスサイズ


これは嬉しかった


しか~し
スカリはない
ナイフもない


結局ただ
バッカンに入れて
・・・・・


その後
ベラ連発


ちょっと深いのか
のらない展開に


やや早合わせで
のったソレは
確かな手応え


これは久々に
まともなサイズと
確信


1,75号だと
安心のやり取り
出来ました


お~

いったかも?!

DSC_5600.jpg

メジャー持ってない
が手で測る


丁度50か51はある
絶対にあると妙な
自信があった(笑)


本来なら
万歳の釣果だが
いかんせん肝心な
モノを忘れた・・・



その後は木っ端
グレにベラ三昧


3時ごろに納竿とした


赤黒共に
もう数枚出ると
思ったが


そんな甘くは
ないよね


唯一あった
まともな当たり
2回をバラスこと
なくゲットできた


今日は
満足の釣果でした

DSC_5626.jpg

男鹿の帰り道も
スゴイけど
ココもやっぱり
スゲーな

DSC_5628.jpg


すっかり
晴れ渡った
風光明媚な帰り道


この先で
サルの軍団が
待ち構えている


気をつけよう!


家で計測すると
49cm?


10時間経過
してるし50は
あったと

しておこう(笑)


でも撮った
写真よ~く
見ると

DSC_5630.jpg

丁度50でしたね


今季初の黒鯛は
2年ぶりの
年ナシ達成の
めでたい釣果に
なりました


準備万端だと
大して釣れない

忘れ物多いと
コレだもの


磯釣り師が
いったん磯から
離れるこの時期


色んな釣りに
チャレンジするも
よし


トコトン
狙い続けるもよし



さあ、次回の
釣りは???


読んで頂いて
ありがとうー!!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

すごい

グレ、姿消すと鯛が入った! ・て、羨ましい状況です / 最近・こんな話を聞けないので羨ましい限りです! 飛島まで行って貧果な俺さ気を使って下さいな

No title

大坂 昭美さん

いつもコメントありがとうございます

飛島行ったんですか?

行けるだけスゴイし羨ましいっす

釣りの素晴らしいところは今度は
釣れるかも?!ですよ~

自分のは
あまりにいつもショボイ釣果なので
哀れに思って釣らせてくれたと

No title

年無 おめでとうございます^^

しばらく見たことないなー


竜飛の景色も最高ですね!!
こんど連れて行ってくださいー

No title

キヨさん

ありがとうございます

飛島でゴッツー釣果を上げている方が
何をおっしゃいます?!

自分もその内行ってみたいですなぁ
プロフィール

フカ せたろう

Author:フカ せたろう
東京時代にグレ
釣りの魅力に

最北の地で
短い期間ですが
グレ釣りこそ
至福の時として
楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR