FC2ブログ

両サイドの方々と


おはようございます!

普段休めない
週末の㈯に
出撃できることに


普段週末の
磯の賑わいは
どうよ???


週末来たこと
ないし


でも初冬の磯
本来は寒クロなど
狙いやすい時期


途中の風合瀬
の大島にけっこう
な車が


さすが週末で
絶好の凪日和


そうだよねと


こっちでは珍しく
場所空いてるか
心配になってきた


真っ暗な5時
ちょい過ぎに
本命場所へ


意味もなく
ゆっくり
ゆっくり
駐車場に近づく
と・・・

やっぱりね


艫作へ即移動


ココも
車がスゴイ


漁師さんの車と
堤防やゴムボ
の方などの車
がごっちゃに


高岩はどうか?


途中ヘッドライト
みたいなのが
見えたが


ここの堤防は


思い出しても
ゾッとする
転落し大怪我
しそうになった
とこ


真っ暗中で
ヘッドライトを点け


ハシゴを登る


てっぺんの幅が
暗いので余計に
狭く感じる


ゆっくりそろり
そろり歩を進める


高岩先端付近
ライトは見えるが
先のビョーブ?

どうもハッキリ
分からん


でもここは無理
せず明るく
なるまで待って
出陣しよう



まさに登る寸前
また一人釣り人が
流石㈯だね


挨拶をした


するとブログ
書いてる方
ですよね?


嬉しいっすね

大した釣果でも
ないのに
読んでくれて
いる方から
こうして声を
かけて頂くのは


するとここから
落ちたんですよ
ねって


やはりそれは
来た事ある人から
見れば衝撃の?
事故


普通落ちない
からね


釣果とは全く
関係ないことで
声をかけて頂く



ある意味私らしい
かも(笑)



釣り座まで
一緒に行きましょう
と声をかけたら


準備が遅いので
先にどうぞとなり


先に行くことに


後からくる方に
モタモタして
迷惑はかけられ
ないので


自分なりに
相当無理をして
先を急いだ


先端には
先行者がいたので
その手前に入る


荷物置いて
来た道を見る


流石にまだその
方は来ていない
ようだ


相当急いだ
からね、おっさんは


背負子に手を
かけようとして
振り返ると
その方なんと
もう横にいました




いつの間に~




ぜ~ぜ~と
急ぐおやじの
直ぐ後ろに
いたんだろうね


さて、今日の海
はどうよ~?

DSC_2993.jpg

何とも静かだ
サラシは殆どない


撒き餌さを
作り先端の方へ
挨拶に行った


どうもグーが
多い気配と聞き
今日の釣りは
厳しいかなと


DSC_2995.jpg


海に挨拶し
観察



すると先端の方
竿が大きな弧を描く


思わず見に
行っちゃいます


寒クロのいい型
かと思いきや
50近い赤


ヤル気
スイッチ入ります


ほどなくウキが
けっこういい
スピードで消えた


グーっと手前に
来てグンと潜られ
終わった


耐えられない
引きだった


何?


今の何?!


グレとして
おこう(笑)


早々に切られ
俄然燃えて
きましたー!!


デカいのを
バラした後だけ
にその後は
厳しいかも


が数投で
またしてもウキが



前回もココで
赤を釣っているし



赤か黒か
上がるまで
分からん



横にけっこう
走るので・・・

DSC_3008.jpg

久々のまとも
サイズなので

サイズ聞かれて

40半ばかな

ちょっと大きく
言ってしまい
ました(笑)
すみません


その後
ベラっちと
でかグー


今日はいいかも

DSC_2999.jpg

3本にも
スゴイ賑わいだ

凪で天気も
いい週末だと
こんなに人出
あるんだと
ビックリしました




そこそこ濁り
ちょっとだけ潮も



がその後
シーン


エサも冷たく
なり


長い長い沈黙の
時間


夕マズメの期待
も一瞬でした


ジワジワと入る
ウキが消えた

軽い合わせ


ズンとのったと
同時に


ぶちぃ


おいおい
またかよ


正体は
多分ですが


コブかと


外道ラッシュ
に入った昼前に
足裏のコブが
釣れた



恐らく・・・でしょ



今日はグの字も
出ませんでした


姿を見る事なく
納竿へ

DSC_3001.jpg

この景色で
少し癒され
ました


この時間に
撤収でヘッド
ライトなしギリギリ
でしたー



先端の方
帰り際

ブログ書いてる
方ですよね?

県内では
フカセで書いて
いる人少ない?
他にいない?


驚きました



稀に言われる

年に一回程度
はあっても



しかも大事な
ロストしたウキ
タモですくって
拾ってくれました


ありがとう
ございました


貴重なウキ
だったので
有難かったです





期待された
午後は夕刻の
一発切られた
意外、何事も
なく終了


途中、何とエサ
残りっぱ


あり得ます?


この時期に
こんな状況??


最初はドキドキ
しましたが
あまりにその
状況が長く・・・


冷たい潮が
入ったせい?
で厳しい釣りに
なってしまい
ました



という言い訳



途中澄んできた
潮に偏光で確認も
魚が全く見えない


深くすると
たま~につつ
かれる


べた底を這わせる
ような攻めにもっと
徹底するべきだった
か・・・と反省


あ~だから釣りは
面白い


ましてや
広い釣り場で
たまたまこの日
両サイドの方
がブログを見て
頂いてる方とは



ありがたいよう
な嬉しいような
不思議な感じ
でした~



見て頂いて
ありがとー!!
スポンサーサイト



午後は何処へ?

おはようございます!

先週の話から

どうにもこうにも
グレが釣りたくて

無理くり出撃
したものの
やれる場所なく

仕方なく岡崎へ

なかったことに
なっています(笑)


さて
本日の釣りは


最近自称
ホームの高岩へ



走り出しの
気温は0℃だって

道路には
凍結注意が

何かテンション
下がりますな~

春ののっこみ
夏前の男鹿釣行
が今から楽しみ
な季節になって
しまった(泣)





椿山も気になる
が帰りの道のり
が・・・


いかんせん
地獄過ぎ


高岩も高岩自体
に入ってからは
けっこうシンドイ
けどね


向かいの沖
磯には今日も
釣り人が


根性なしな
自分はゴムボ
の釣り人尊敬
します


あったら世界が
広がるなぁと


でも準備や
片付けが大変
かも・・・
などなど


釣りの準備や
片付けだけで
精一杯の自分


到底無理


地磯で地道に
頑張ります


DSC_2847.jpg



準備ができ
釣る前の風景

いい雰囲気で
しょ!

釣り座から
見た景色では
深浦の地磯で
は№1かも


海に挨拶し


開始


巻き餌に


何とグー
見えない


他も


おいおい


先週の岡崎が
嘘みたいだ


ウキは
ゆっくり沖へ



ゆっくりと
しもったウキが


スピードを上げた


木っ端シマシマ


二投目

デカ~い
べラッチ


三投目に

DSC_2850.jpg


キレイな青

コバルトブルー

一般的には
回遊タイプ色


足裏なので
一応キープ


その後
シマシマと
べラッチ連発


グーも出てきたが
デカいよ~


針がかりすると
一瞬本命?


また以前も触れ
たがこのグーが
見えたり釣れる
時は潮がいいと
判断しています


あくまで
個人の主観

あの手この手
でようやく
二枚目サイズ


サイズが
上がらない


この二枚目
以降グレがこない


早い時間帯
巻き餌に乱舞
する姿もあったが


それも全く
見えなくなった


深くすると
木っ端チヌ


午後から
南西風強まり
釣り座中ほどに
移動


ほどなく釣り人
が来た


あと数時間で
日没だという
のにスゴイ
根性の持ち主だ



4時を過ぎ
もう後数投で納竿


深く入ったウキが
一瞬で消え
指が弾かれた


久々のいい当たり


期待しながら
慎重にやりとり



全くグレが
当たらず深く
入れたので
チヌのまあまあ
かな~

青→黒


一瞬茶色に
見え・・・


エッ?!

居着きの
デカバン


お~???



でも直ぐに
判明

DSC_2855.jpg

ここでは
まれに
チャーリーは
くるけど

ちょっとまとも
なサイズだ!!

直ぐにもう一投
同じ展開で
ウキが


おっ


いったー


スポッ


お~痛恨の
針外れ


グレ針3号の
洗礼か



後半は鯛っ気
強く・・・


グレのサイズが
足裏だけに
消化不良感は
半端ない


午後は釣って
ないから
何だかねぇ~


DSC_2865.jpg

42,3cm位の赤
他は見たまんま


地元で3魚種
制覇は初かも


昨年男鹿では
お先に達成



8月のグレ釣り
スタートは
良かっただけに


秋のグレ釣り
しょぼ過ぎる~


年内あと
1,2回だろうか


グレ狙えるのは


11月、海
荒れすぎでしょ




見て頂いて
ありがとー!!



プロフィール

フカ せたろう

Author:フカ せたろう
東京時代にグレ
釣りの魅力に

最北の地で
短い期間ですが
グレ釣りこそ
至福の時として
楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR