意地の釣り!

おはようございます!

お約束通り、毎週(水)悪魔の休日の
ごとく大荒れっす!

特に今年は、木っ端グレが爆釣した
ので期待をするなというのが無理な
状況でした

でも肝心の秋磯は、期待も吹っ飛ぶ
行けない日々の連続に


ガッカリ感半端ないっすわ


禁断症状が出てます


朝からから晩までのこのクソ寒い
時期の数日間ぶっ通しで釣りし
てやろうか!


もう、ぶっ倒れる位やらんと
気がすまんね



このまま今年が終わってしまう
のは我慢ならぬということで

せめて一匹でいいから何か釣らせて
とばかりあと数日に迫った最後の週に
臨時定休で行ってきました

ここ数日、深浦ではかなり良型
それも年ナシサイズも上がって
いるとか

俄然、無理してでも行きたい
状況になってます

でも、予報ではけっこうなウネリ
も残り風も爆風


冒険して台無しにするか?
やはり危険を回避して沖一文字で
じっくり木っ端と戯れるか?

かなり悩みましたが
木っ端に遊んで頂くことに!!

朝はあいにくの雨で出発時間も
遅れました。

雪は、常時降っています

濡れ雪のため、ラインの操作
が大変だ

もう、小鯵とタナゴだらけ
グレはいません

予想はしていました

気圧の関係ですね


しかも海は大荒れ


木っ端は皆湾内に大移動


グーも混じりエサ取り天国の
中にわざわざやってきた
間抜けな釣り人はのっけ
から意気消沈ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!


こうなれば、若干の気温上昇
があるであろう昼過ぎまで待
つかなと


その甲斐あって
1時間ほどで

1481789511229.jpg

ようやく木っ端が
でも手のひらサイズです

見えてきたのもほぼ同サイズ


タナを変え、遠投も



1ヒロ以内にし

1481789448444.jpg

足裏サイズでようやく
その気になってきた


でも後が続かないなぁ


もう1匹追加も、針もなくなり出し
テンション下がりたまに釣れても
木っ端のみ

多分これ以上の釣果が期待
できないなら思い切って
ここを撤収し可能な磯で寒クロ
も頭をよぎる・・・


エサ取り天国の愉快な仲間
たちの猛攻は止みそうにあり
ません


普段ではしない、思い切った
決断に


撤収することに!


普段通じない船頭さんも、
奇跡的に連絡がついた

急いで道具を片付けながら
この風と波も高くなる中考え
ていた

どこにするか?


最後はダメ元で自称H・G椿山
へ行くことに



通常いる筈の車1台もいません


いやな予感


でもタイヤの跡はけっこうあり
中には停めて釣りに行った
足跡もあった

でも、もういないとは・・・

エサ取りだらけで釣りにならん
か?波風の影響か?

昨年は来れなかったし今年
最初で最後の椿山

雪はないが道がぐちゃぐちゃ
ですべるしぬかる降り道は
スリル満天

ようやく地平に着き例の岩場
を歩き始める


真ん中付近の高場かその手前
を目指すが高場は被っている

その手前は、ギリ可能と判断
するがなぜか岩が異常に滑る
のだ


スパイクの金具はすり減り
あまり用をなしているとは
言い難いレベルではるが


よく見ると、やや赤っぽい岩ノリ
みたいなのがぎっしりと付着
している岩がある


さて困ったことが起きた


ある岩にのったら身動き
とれない状況に


周りに何もない単体の
岩に乗ったはいいがツルツル
のヤツだった

でも踏ん張れる足が片方だけ

そこだけ岩ノリが付いてなかった

でもそこ以外はビッシリ

乗った拍子にしゃがんでしまい
立てないのだ

岩は水没しているし手をついて
手袋を濡らしたくない事情もあり
・・・・・

踏ん張ろうとするともう片方の
足は岩ノリの上だ、やってみた
が無理だ

巻き餌は減ったものの未だ
結構な量だ

この体勢で片足で立ち上がる
しか方法はない

何度やっても立てない

この寒さでも、額から汗が
こぼれ落ちる


まじっすか?


もう膝や腰がガクガクだ

少し休んでいる間にも
波が~


でもクルブシの上あたり
だからまだいいが・・・


気を取り直して、集中して
何とか立てましたが膝が
かなりヤバいっす

普段の運動不足がバレバレ
ですが、重い背負子を担い
だ状態でしかも滑る岩の上
で完全にしゃがんだ状態

から片足だけで立つのは
運動不足のおっさには
あまりにもハードワークで
あった

数年来来ていますがここで
こんな岩ノリみたいなのが
あったことないので・・・

いい兆候だとありがたいなぁ

それとも人が来てない証拠
だったりする・・・

高場の前のこの場所
以前はよく来ていました


というかここに来るまでに
体力を使い果たし先まで
行けませんでした

ぜーぜー言って肩で息する
おっさんを先に行く釣り人は
いとも簡単に通り過ぎて行
くので、この先にはパラダイス
が待っているんだろうなー

と思っていたものです


で行ったみたら確かにパラダイス
でしたね、こりゃ行く価値あるわ

でも、結局今年も行けませんでした

この場所でさえ、もう1,2時間で
ダメになりそうな気配です


急いで準備し


20m位先に出来た潮目の手前
めがけて投げ込んだ


すると、潮目付近でしもった
浮きがいい感じで加速した


もしや?

ズンと

何と一投目でノッタ

1482835633453.jpg

人生初の一投目でのヒット
サイズは40半ばあたり

うおー

これはラッキー



久しぶりのいい感触
それもココ狙ってねと
言わんばかりの潮目
の出現



時合到来か?と続けるが
その潮目はもうなくなって
いましたな


その後は明らかにエサ取り
の当たりだらけ、頭かじられ
ているのでグレか?と


タナも仕掛けもチェンジ
するがザブンザブンの海
では浮きがあっち行ったり
こっち行ったりで全く安定しな
いので重い仕掛けで一気に
と思うが手がかじかんで動か
ない

そもそも仕掛け回収の際
浮きをつかめない


また、これ以上は危険と
判断しここも撤収


帰る途中は、降りて直ぐのとこ
にある釣り場

1482835587711.jpg


移動距離にして100mもない

ここだったらまだ、出来そうだ


人が入っていないのか?
全然浮きが入らない


いい時だと、ここに寒クロが
溜まっていることもあるらしい


そんな経験は未だにない

過去にそれを期待し来たとき
寒クロではなくホッケを爆釣
したことがる

それも良型を数えきれない
当時はバッカンにクーラー
ボックスに入れるだけ入れ
て帰りの上りの坂道は地獄
だった


もし、そうなったら慣れた人は
その場で全部さばいて軽くし
て帰るんだとか


なるほど

昔、東京にいた頃
隅田川沿いの日本橋に住んで
いたので

11月と12月に釣れるハゼ釣り
をよくしてました

隅田川も、昔は汚い川でしたが
最近では水質汚染もほぼなくなり
というかキレイになりそこで釣れる
ハゼの美味さは、嘘かと思うかも
しれませんが日本一美味い


ハゼ本来の淡白な美味さに
加えて甘みがあるので余計に
美味いのだ


中には、その場で
キレイにさばいてトレイにに並
べて和食屋さんや料亭に
卸してけっこうな小遣いを
稼いでいる人も

1482835580828.jpg


ここでは、浮きがしもるが全く
のる気配なし

残り時間もわずかで、どうするか

仕掛けを変えるが、しもっても
のらない

丁度、気圧が下がっている時間だ

活性はすこぶる悪いのだ

たまたま際付近のいいとこに
仕掛けが落ち着き、久々期待
感高まるシモリ方

その後、すっ飛んで消えて行った

キタ━(゚∀゚)━!


いい重さ


やや横に走る?

あれ?


最後の抵抗で海底に潜られた


グレ?


まさか


そんな?


スゲー期待感で胸がどきどき
している

やべー

しかも、型いいよ~


これは


どないしよ


最後にやっちゃったか!


そして、浮かんできたのは


1482835594851.jpg

おいっ


お前かよ


ガッカリ感半端ねぇ


上の木槌が大きいので
アレですがこれでも軽く
40は超えています

嬉しくない外道ですがお土産
には皆さんスゲー喜ぶので
ゲットです

ここで最後までホッケ釣りでも
やりますかと

でも

1482835574826.jpg

波がバッカンを動かすまでに



少し移動してやろうとしたら


1482835555453.jpg

益々迫ってきました

もう、さすがに続ける気力も失せ
納竿

今年最後の釣りが終了しました


贅沢を言えば、キリがありません


不平不満は、言えば止まりません


でも、それよりも何よりもどんな
釣りでも楽しむことですよね

その中で、いい釣果が出れば
いうことなしだが



でも毎回言いますが、最低限の
マナーは守りましょう

譲りあう気持ちや声がけなどで
きっとみなさん楽しく釣りが出来る
筈ですから


こんな状況でも、1尾釣れた事
足裏でもグレが釣れた事
ちっちゃな事ですが楽しめたこと
に改めて釣りは最高だ~



見て頂いた方には
極貧釣果で申し訳ないのです
が、だからこそ釣りはやめられ
ないんすよね!


次回
年明けの、まさに寒クロから!


見て頂ている方々には、いつも
ありがとうございます
皆さんとまた来年もいいお付き合
いが出来れば幸いです



初めての方でも、気軽にコメント
下さい、是非とも情報交換など
して低迷する青森のフカセ釣り
が少しでも盛り上がればいい
ですね!


ちょっと、早いですが
それでは皆さん,良いお年を






































スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR