まずまずの~!

おはようございます

大好きな夏
この時期は、家内が素潜り
と海中写真を撮るので一緒
に海へ行く

だから、出発はかなり遅め
だから釣りは、いつもに比べ
ると時間はまず短い

暑い昼間で大した釣果
も期待できないので
お気楽モードだ

場所は椿山周辺の地磯

ここは超大型の真鯛と
黒鯛の群れなどに混じって
最近ではグレも沢山
見れます

まず主と思われるデカ真鯛
海の中だけに多少の誤差は
あっても、本当にビックリす
るほどデカイっす

小魚と違い、逃げません
むしろ追っかけてきたり
周りを優雅に泳いでいます

黒鯛もそうです

大興奮しっぱなしです

グレも40クラスはゴロゴロ
でも釣れないのです

そこは、人が釣ることのできない
とこだから

地磯ではなく、少し沖ではない
が岩のゴロゴロ
小さくて人がのれない
釣り道具も置けないそんなとこ

だから、魚がいるんです
この日は、台風一過みたい
な日です

天気はいいが、海は潜るには
微妙な感じです

やや波があり多少うねり
が残っているのだ

ただ、それらが落ち着く
時間帯もあるのでそこ
あたりで一回は入れる
であろう計算だ

おかん(家内)は後で
遅れてくるのでそれまで
は釣りに没頭だ

潮通しは、正直あまり
ないとこの割には今日は
まずまず

それにこの波の具合は
丁度いい

エサ取りさえ何とかなれば
いいかもだ

それにここは、普段は釣り人
は滅多に来ないのでそこも
気がかりではある

1472104902564.jpg

超木っ端サヨリがパヤパヤ

付けエサを撒き餌なしで

そのままです

ヤッホー

でも、木っ端サヨリ以外に
生命反応なしだ

その後、数投すると餌が
かじられた

目で確認してもサヨリしか
見えないが・・・

このままでは、グレが寄って
こないし待っている時間も
ないので撒き餌投入だ

付近の木っ端サヨリが全て
ここに集中だ

更に数投すると、餌が通って
いることグーは殆どいない
ことに驚く

でも、肝心のグレが寄っていない

もし、付近にグレがいれば
何匹かはかけられるだろう

その後グー天国になるか
小鯵地獄になるのは確実視
されるだけに

その前になんとか、せねば!

すると、木っ端ではあるが本命
と思われる魚体を発見

数匹が撒き餌に群がってくる


その下にいるであろう手のひら
足裏サイズを狙って

タナは矢引か1ヒロに決まって
いるのでそこは変えない

この言い方も変だが、それより
深いタナでこの時期釣ったこと
がないから

でも、これは逆に言えば深いタナ
をこんな時こそ狙えば40クラス
狙えるかも・・・

木っ端サヨリが青物に追われて
バシャバシャ飛び跳ねまくる

1472104984337.jpg


青森では、この春から
青物が狂喜乱舞し釣れまくる
異常事態が続きました

そのせいか、こんなちっこい
のが釣れる、釣れる

全部手のひらなので
お土産には無理だし

今までで経験のない
状況です、タナゴも混じるが
そんなに多くないし

1472104870794.jpg

1ヒロでヒット

でも手のひらサイズです

さっきと違いまあまあの型
もチラチラ見えてきました

サヨリのサイズも上がり
少々難儀になってきた

でも、グレの動きいいです
早いですよね

1472104884418.jpg

足裏サイズがきました

チャンスとばかり次々と
上げていく

ちょっといい引きに
もしかして30アップか~
でも途中で見えた魚体は
銀色に光って見えた

30ちょいの黒鯛でした

その後同サイズの青物も

しかし、グレの姿が消え
辺りはサヨリ地獄へ

ここで、おかん登場だ

実はその後海はやや荒れだ
してきた釣りには最高だが
潜るのには・・・

草ボーボーの藪をかき分けて
来たせいか腕やら足がミミズ
腫れになっていて血が滲んて
いる状態で現れた

それでも海に入ろうとして
いるのだから恐れ入る

数年前、親父と3人で
行った渓流釣りで崖から
足を滑らせ沢まで落ちて
目の上に大きなたんこぶ
の状態で1日渓流釣りに
付き合った根性の持ち主
である

先に入る

透明度はいまいちだ

木っ端グレ
タナゴ
鯵?
メバル

何か横から視線を感じた

今まで見た中で一番デカイ
黒鯛だ

ホントにデカイ


並走して後をつけてきます


すると真横下あたりを
ゆ~っくりと泳いできた

思わず手で大きさを図る
指を広げた手が3っつと
ちょい位

おそらく60ちょいはあった
と思うデカさだ

付近に40クラスが数匹
いるが子供見えてしまう

30台では木っ端だ

その後、海底近くでゆっくり
泳ぐいいサイズのグレ

さあ。こうしていれない
上がって後半の釣り開始

でも、横風がきつく場所
移動だ

せっかく作ったポイント
ではあったが・・・

でも数投で、グレが寄る

足裏サイズが連発だ

久々のいい釣りにニンマリ

普段はこんな釣りは滅多に
ないのでここの時間で仕掛け
を変えたりタナを変えたりした
らサイズアップしたのか??




5匹位連発したと思ったら
その後、パッタリ

同じようにグレの姿が見えて
いるのに全く食わない

浮きも入らない???


で本日、終了

1472104240636.jpg


ほぼ全部
足裏サイズのグレに
大満足の一日でした

台風の影響で海が荒れた
後、ここがポイントかな

場所よっては小鯵&小鯖
がうるさいとか

40前に、まずは30アップは
そろそろ釣りたいなぁ~

基本、確実に30オーバー
以外は計測しない

一番デカイので30位は
あったかも



フカセ釣り最高っす



ここは人がこないので釣り座は
奇麗です、でも比較的お気軽に
行けるとこはどこも汚いし臭い

ゴミはきちんと持ち帰ろう

熱中症対策も!


フカセ釣りの
エサ代、もっと安くならんかな~

先日、秋田のキヨさんに聞いた
らお店によってはビックリする
ほど安いんです

これから秋磯本番に備えて
何かいい方法ないすかね!!

そんな何千円もかけていられ
ないしね~

何か考えよう!!!

















スポンサーサイト

真夏の焼飯でメジナ釣り!

1470362021600.jpg

準備を終え19:00出発
向かうは無謀にも男鹿

真夏のクソ熱いこの時期
に夏のデカグレを狙うぞ

男鹿の方が五所川原より
暑いのであまり早く着いて
もアレなので

逆算して7:00出発

家を出て直ぐのとこ



予定通りトラブルもなく
計ったように10:30頃
到着しました

前回の男鹿釣行を踏まえ
食料調達と寝床の確保は
準備万端だ

1470362009521.jpg

床が平坦で足をそこそこ
伸ばせるのでかな~り楽だ

遠征釣行のある意味
醍醐味ですな

プチキャンピングカー
の気分です(笑い)

湯沸かし器あれば、何日でも
泊まり込み釣行可だ、これは!

キンキンのビールを飲みた
くて運転中ず~と我慢してました

前回と違い今日は空一杯に
星がキラキラだ~

途中の気温は25度
でもここは山を抜けた漁港
22,3度位かな

蚊が怖いので窓は開けられ
ないので閉め切っていると
やや暑い感じ

明日の釣りに思いを馳せる

とにかく1分でも多く寝て
体力は極力温存しておかない
と沖磯の長丁場は持たない

用意した2本のビールを飲み干し
あれこれと考えながら横に

3時間ほど寝たところで
小便タイムに起きる

外は丁度いい気温で気持ち
いいー

その後、ウトウトしていると
車が1台隣に

2人組で、会話もせずに黙々
と準備をしているようだ

起きる時期まで、まだ40分も
ある、ここはギリギリまで横に
なって~

じーっとしている

バッカンや磯バックを車から
出して・・・

その間、ドアを開けたり閉めたり

どんな釣り人で明日は何処にのる
のかな~

同じ夏グレ狙いの人かな~

でもやっぱ真鯛か~

気になって全然寝れん

もう起きよ~っと!!

挨拶をしようとしたが相手はそれを
避けるような雰囲気なのでしそびれた

空が薄明るくなり、その2人組が
そうそうに別な船で出船準備へ

よ~っく見るとカップルでしたよ~

いいっすね、彼女と真鯛狙いらしい

せっかく来たんだから、いい釣果を!

1470382924401.jpg


4:20頃出発

やや昔のCRジョーズを
思わせる景色に見えなく
もない???


渡る磯は何処でもいいようだ

ヤッホー

散々迷った挙句結局
前回と同じ加茂の
超一級磯の焼き飯へ

前日情報では、サヨリ、スズメ
に小鯵とフグがすこ~し出て
きたらしいがデカグレも見えて
いると聞き、釣れるわけもない
のにその言葉でここに決定!!

海は見た目は、べた凪に近い

んでもって
仕掛けを作っている最中に
スズメがパヤパヤ

パヤパヤ

サヨリがす~いす~い

いやな予感です

釣りになるのか???

撒き餌なしでも、餌残らず

スズメを足元に寄せると

1470361564989.jpg

22,3センチですが
登場です

その後同じ戦法で数枚追加

がその後、サヨリだらけに


釣り座を変更


同じ感じで数枚追加



やっぱり同じ感じに

すると撒き餌に乱舞するスズメ
と木っ端の下に一匹だけですが
他の3倍はあろうか、巨大なグレ
が捕食しております


いいっすね~



かなり興奮と緊張でドキドキだ

その後
10分位でどこかへいっちゃい
ましたわ

はやっ


でも
まだ小鯵やグーの姿見えません


1470361553473.jpg

まあまあのシマシマでした
その後更にいいサイズ1枚追加も
全部リリース

目標はグレの足裏以下は
全部リリース

遠投やらタナを変え・・・
もうあたり一面サヨリ天国へ

撒き餌に乱舞するグレも
どんどんサイズダウンし
釣れるのは手の平ばかり

捨て身の同時釣法で

1470361540348.jpg

30弱の黒鯛もきて
くれましたよ~

1470358068199.jpg


地元だったら泳いでる
ような陽気でした

持ってきた飲み物
500ml×6本では
全然足りず参りました

10本は必要かと


たった2回目ですがこの景色
たまらんでしょ?

それに型はあいにく出ません
でしたが、それでも数釣りは
堪能できました

1470361483096.jpg

24,5センチのがやっと3枚
最後にリリースしました

この時期で、それでも楽しませて
くれた男鹿の焼き飯島

間違いなく、超一級磯です

更なる工夫で何とか夏グレ
のデカバンを狙ってみたい

次回10月頃の秋磯シーズン
突入でまたお邪魔したいなあ


釣り・磯釣りの素晴らしいのは
その地域の名産物や景勝地
を見たり知ったりするいい機会


またそれを通じてブログなど
での出会いです

今回、秋田の男鹿半島の釣り
をいち早く教えてくれたキヨさん
とお会いすることが出来ました

とても嬉しいことでした

これも磯釣りの素晴らしさですね


周辺のポイント紹介やら渡船
の案内や注意事項など親切
に教えてくれました


それはそれは、楽しく有意義な
時間でした。

凄いポイントの数々に開いた口
が塞がらないとは、まさに
このことでした

行くときは、しっかりとルール
を守り地元の習慣に合わせる
つもりです

前回の釣行で著名な
磯釣り師の方々からも快く
男鹿デビューを受け入れて
頂きました

大変にありがたいことです

地元、青森の磯釣りを盛り上げ
たいんですが同じ北東北にあり
ながらこの名勝地の多さに
夢と希望の男鹿磯に大いなる
男のロマンを求めたい


改めてそう感じました


キヨさん、あなたはいい意味で
大変に罪なお人だ!!

1469057328032.jpg


サンクスでも撒き餌
売ってました

さすがですね!









検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR