大バラシ!

150624_0322~01

おはようございます

乗っ込みチヌも
最終局面突入です

陸奥湾や下北はこれから
ですが・・・

もっぱら西か小泊方面
ばかりなので一度は
湾のチヌもやってみたい
もんです

最近お決まりの
2:20分出発でご覧の
3:22到着

さて
今日の予報はべた凪です
渡船じゃないとかなり
厳しいかな


組立としては
粘って一発狙いか?

地磯がH・Gなので
今日はまず、勝負にならん
と考え先週の堤防へ

あれだけいたアングラー
も今日は誰一人いない

ヤバっ

状況は相当悪いのか

完全貸切状態です

車にいてもやることない
ので準備して先端方面へ

ヘッドライトは持ってきたが
明るくなるのを待つ

150624_0354~01

最近お気に入りの
配合餌です
今回はイクタ釣り具店さん

撒き餌さは
MAX釣り具店さん

最近目が悪くなり
ビーズや結び目に
ハリスを通すのに
一苦労っす

薄暗い中果敢に
チャレンジするも
穴に入らない

ようやく出来た頃には
辺りはすっかり明るく
なっております

しかも釣り人皆無


おい不安じゃないか


こうなったら
一人で釣りまくっちゃうで
と息巻いたものの大抵は
その逆になる

先ず第一投目

グーみえない

暫くして回収

エサはかじられてる

続いて第二投目

グーはいない

エサ残る

えっ

まじっすか???

三投目

エサなし

なんのこっちゃですわ

でもグーはみえない

恐らく
タナゴかカワハギ

先週デカイ
カワハギっぽいの
見えたし

しもった浮きは
いっこうに加速する
気配を見せない

朝マズメのチャンス
タイム何事もなく終了

おいおい

開始から6時間後
ようやく浮きが加速

引きは本命だが

150624_0640~02

型が
30チョイか

でも今日の流れだと
一応キープじゃ

150624_0745~01

その後
フクちゃん登場!

その後パタリと
当たりがなくなる

仕掛けの馴染みも
どうもしっくりこない

場所移動決断

風を背にいい感じだ

一投一匹の高釣果
でも本命じゃない

150624_1721~02

仕掛けを変えあえて
これを狙う

一発でヒットでした

でもその後続かず

長い沈黙の後
しもった浮きが一瞬
で消えた

合わせる必要のない
重量感に真鯛確信

底に沖に走ります

すると急にテンションが
軽くなり痛恨のバラシ

回収するとハリス切れ
何処かに傷があったのか

経験上から40~50
位か、このサイズは普通に
やれば上がるサイズだけ
に残念っす

その後
30チョイのチヌ追加

漁船が出たり入ったり
する度に波が押し寄せ
るがさっきはその時に
浮きが加速したように
感じた

今度も2艘の船が帰って
きたのでそこを狙い浮き
投入

いい感じでしもったとこに
波がきて、きて

浮きが

浮きが

加速しろー

すると

ホントに

浮きが消えた

その途端
物凄い勢いでラインが
走る

沖へだ

今ままで味わったこと
のない恐ろしいまでの
沖への突進力にも必死
に耐える

ドラグもいい感じ

5月に今シーズンに
備えてラインを新調

兎に角沖へまっしぐら

ヤバイなぁラインもこの
ままいけばなくなるぞ

100m位行ったのか
???

今までにない経験だけに
どうすればいい?

するとさすがに走る勢いが
弱まってきたぞ・・・

そろそろリールを巻こうと
するとフッと軽くなる

え~

また

マジで

急に軽くなりこれまた
痛恨のバラシじゃ

お~

悔しいなんてもんじゃ
ないっすわ

仕掛け回収

すると

あり得ない場所で道糸切れ

それも

ハリスと道糸をつなぐ
サルカンの上

奇跡的に浮きはセーフ

この状態で浮きロスト
しなかったことが不思議
な状態で帰って来ました

人生初の超大物の
大バラシでした

あーあ

くそ


しかし一体
どれくらいの魚体
だったのか

あまりの勢いに
今思うとサメでもかかった
のかというほど強烈な引き
でした

正体が
非常に気になりますな

その後しつこく粘って
同サイズのチヌ追加

なぜか今日はサイズ
アップしません

150624_1723~04

計ったような同じ
サイズ30ちょい

用事があり本日ここで
納竿です

前半はシーン

後半は大バラシありの
やっぱ浮きフカセ釣り
は最高に楽しいっす

でもちょいとお金がかかり
過ぎますな

もうちょいこの釣りの
エサ代安くならんだろうか!

誤解のないように

上記の釣り具店さん
が特別高いではなく
ある程度の時間を
釣ろうとするとそれな
りの量を買わないと
行けないので・・・


通販で買ったスカリ
いいっす

後は神経〆の道具
を上手に扱いたい

来週あたりでチヌも
終了かも~

今年こそグレ狙って釣り
てぇー

本日撒き餌さに
群がる魚群の下に
青黒い魚体が見えた
ような

気のせいか

フクラゲは青白いし
青黒い???




















スポンサーサイト

沖磯もビックリ!

おはようございます

今朝も張り切って
起きました

まさかの渡船お断り
で場所選びが・・・

結局小泊方面
の堤防に

最近はフクラゲが簡単
にルアーで釣れるいる
情報があり磯も堤防も
平日なのにけっこう人
がいるのだ

150617_0350~01

ここも先端には
既に先行者が

挨拶をして話をする

60代の方でしたが
昨日の夜からだって
元気です

ぶっこみで真鯛
ルアーでフクラゲ

ラジオに椅子まで
楽しい釣りです

釣果はいまひとつ
のようでしたが
こっちまで楽しく
なる雰囲気でした



堤防としては14,5m
と恐らく県内では最も
水深のあること以外
情報はない


メジナと違い真鯛や
チヌではそこまで繊細な
当たりは求めないので
当最近お気に入りの
例の浮きで仕掛けを

4,5投したあたりで
じわ~と入った浮きが
一瞬で消えた

ズシっ

お、重い

チヌの引きではない

ドラグを緩めていな 
かったので慌てて・・・

時すでに遅し

一瞬で切られました

大事に使っていた
浮きごと持っていかれ
ました

アチャー


昨年から重宝し
大活躍してくれた
だけに大ショックですわ

浮きごといかれない
ようにサルカン使った
のに

3号の3号が基本の赤

2号の2号じゃあかん
のか・・・

まあ、腕っすよね

しばらく周辺を探るが
けし込まない

ここで今まで投げて
いないとこに

すると
しもった浮きがドンドン
加速した

軽く合わせを入れる

そんなに重くない

30位のチヌか

すると物凄い勢いで
抵抗しだした

おいおい

さっきより
デカイんじゃない

ドラグはOKなので
後はやりとりで何とか
しようと粘る

いい感じで浮いて
寄せてきた

海中からぼんやり
見えた魚体は60クラス
と思える赤

と最後の抵抗で潜られ
踏ん張ろうと思ったら
ブチっ

え~

またですか

おいおい

ハリスに傷はなかった
筈だし???

ハリスの
変なとこから切られて
ました

ここは離島か!

どんだけー

ポテンシャル高いです

さすがに細ハリスとか
言ってられません

万が一に備え持っていた
3号ハリスにチェンジ
ですわ

楽しいっすね
普通なら一回切られと
そうそうは次こないで
しょ

何となくここは粘れば
釣れる予感がします

ルアーの人達がどんどん
増えていきます

先端には5,6人
左側に3人と混雑してくる

その中の一人がヒット
フクラゲようやくゲット
に大賑わいだ

ポケットの携帯が鳴る

勿論、ガラケーを使用だ!

取り出そうとすると
浮きが入る

物凄い勢いで走るので
真鯛か青物か??

いい引きです

やりとりで何とかなると
思ったので引きを存分
に味わう

海底から青く光って
見えたので青物確定

50半ばのグッドサイズの
フクラゲでした

150617_0849~03



するとベテランらしき
磯釣り師が話しかけて
来て右側に入る

ほどなく浮きが入り本日
一枚目37,8あたりの
本命ゲットで一安心



150617_0945~01

ココは
チヌよりは赤の方が期待
できるらしいので良かった
です

気になっていた際に浮きを
投入すると

ジワーからズドンだって

年なし近い?いいサイズ
に思わず納得

ええ日やな、たまらんな

その後パッタリと当たりが
止まる

曇りの筈が

150617_1027~02

暑いっす
いい天気に

でも蚊やブヨが多くて
半袖無理でした

ここは小休止

昼飯を食べてのんびり
2回目の撒き餌さ作りに

午後の夕マズメに期待だ

満潮の3時が過ぎ

150617_1057~02

ようやく当たりが
チャリコさんです

他にベラやメバルも

予報に反して
波と風が少し出てくる

いいではないか

ますます釣れそうだ

さっきまでいたルアーマン
が全員帰り夕方の部に
合わせてドンドン人が
集まってくる

撒き餌さにデカタナゴ
が乱舞する

けっこうデカイっす

普段なら狙うが今日は
止めよう

その内、ボラも寄ってくる

ボラも相当デカイっす

その下に赤、チヌまでも
見え出す

いい感じっすね

離島か沖磯にでもいる気分

式根島の桟橋にいるかの
ようじゃ

まぁもっとも式根島には
チヌはいないが

釣りたい魚が巻き餌に
乱舞する、それも真鯛
チヌなんて通常じゃあり
えないこと

沖磯でも自分の経験上
ないことです

それにデカタナゴに同じく
ビックボラです

ほんと興奮しまくり
アドレナリン出っ放し

夢のような時間の中
大勢のギャラリーの
見ている中で渾身の
一枚をかけ無事に
タモ入れ

150617_1840~01

48,47,40でした
たまにはいい思いもしないとね

いい釣りに大満足です

これから暑くなるので
水分補給はこまめに

マナーを守って楽しい釣りを!


















明日の釣行に!

150616_1007~01

県内の平内にある
モトオ釣り具店さん

昨年偶然通りがかり
中へ


で、こんなのを発見

正直、水中浮きは
あまり好きではない

ただ昨年から
どうも浮きの馴染みが
しっくりこないので
思い切って購入して
みました

使う条件下にも
よりますがけっこう
馴染みがいいです

メジナやチヌも何枚も
シトメているので相性
がいい浮きになって
います!!!

ネットで調べても
バラ売りや在庫切れ
が多く入手困難

もともと購入した
モトオさんに電話で
問い合わせ

するとなんと
在庫が二個あると
聞き即買いです

中々の品揃えですよ~
モトオ釣り具店さん

名手鵜澤さんの
写真もかっこいい

明日は他に人が
いないのでまさかの
渡船お断り

ガーン

もう完全に沖磯
モードでしたわ

水温が上がり
潮が良くないので
グーフーだらけと聞き
ここは思い切って
沖磯にしようと電話

お隣の男鹿はあんなに
盛り上がっている
のに誰もいないとは?

深浦にするか
小泊にするか
いい情報も入手
したので実に迷い
ます

さて、どこで勝負するか

ざっくり切った指はほぼ
完治ですが他の指を
ざっくり深く切ってしまい
まだ指が曲がりません
傷もくっ付いていません
でも行きますよ~

今日は指サックも
買いましたし

寝れない今日の夜を
楽しもう!!





のっこみ終盤へ!

おはようございます!

今朝は30分寝坊し慌てて
出発だ、こんな時忘れ物を
しがちなので要注意だ!

150601_1848~02

釣行前日の準備は
いつになってもワクワクさん
だね

配合餌も地域によって
様々

のっこみ時期とはいえ
最近はかなりパッとしない
ようだ

魚も浮いてはきてない
情報なのでここは好きな
日本海で一気に沈めて
いこう!

今回の餌と配合は
MAX釣り具店さん

リールと部品交換
竿の先端部の修理を
イクタ釣り具店さんで

150601_1902~01


予備リールや仕掛け
バッカンや柄杓にエサ入れ
タモ網など準備に余念が
ない

明日はこの仕掛けで
何枚かけてやるか!!

と鼻息だけは毎回
荒いのだ

日頃お世話になっている
あの人やこんな人に
配って歩く姿についつい
寝付けないもの



まさかの寝坊だ

寝る前に積み込んで
いたので釣道具一式
は大丈夫と一安心

いつものコンビニで
お買いもの

丸一日の食料を買う
だけにかなりの重量だ

いつものようにカゴに
入れてそれをレジへ

なぜか財布に
お金が一銭もない
ではないか

昨日買い物をした際
のズボンのポッケや

ガ~ン


寝坊を取戻しつつあった
だけにもし場所をとられて
いたらどうしようと
焦る焦る・・・

でも途中お金を借りれる
人もいないし泣く泣く家へ
戻ることに

往復で24分のロスは
イタイ、かなりイタイ

こんな日は大抵
ツキがないものだが奇跡的
先行者なしで誰もいない

ラッキーとゆっくり準備に

と大抵は途中から車が
猛ダッシュで来るのが今日は
全くこない

こうなるとこりゃ、全く期待でき
ない現れかと

もし付近で釣れていれば
この時期はけっこうな人だ

でもここしかないと決め
来たのだが風も波も
微妙だ

満潮時の9時以降は
多分キツイのでそれまで
勝負とみて現場へ向かう

150610_1051~02

予想を超える激流と
風に仕掛けが全く
馴染めない

途中からは藻やゴミが
ガンガンくるし気分が
凹む朝マズメです

まれに弱くなるので
そこを狙う

雰囲気はいいのだ

これで粘れば今日は
絶対に本命は釣れる
と確信し黙々と竿を
振る

幸いにグーフーはかなり
少ない

ベラやガヤにチビアイナメ
がかかりだす

相変わらず仕掛けは
流せないがまれに
いい感じで流せるときに


じわーとは入った浮きが
そこから加速した

のったぞ~

グイグイ引く本命当たり

でものっこみ時期では
あり得ないサイズだ

34,5あたりりかと

150610_0646~01



タモなしでヌイちゃおうか
いう軽さだが大事をとって
タモ入れした

そこから数投しようやく
のっこみらしい引きに

40半ばの小気味いい
当たりを楽しむ

150610_0703~01

久しぶりの数釣り
に期待が高まる

直ぐにまたいい当たり

150610_0653~01

おいおい
30ないぜ!

まじっ??

直ぐに海へお帰り
頂くことに

そこから当たりが
止まる

仕掛けもなじまず
色々と仕掛けを変える
が効果なし

風も強風になり
もろ横風だ予報では
9mだって

風を背にし唯一仕掛け
を流せる期待のあまり
できない方向にしつこく
送り込む



きましたよ~

40位のが

そしてそこからまた
直ぐに当たりが

これはいい引きでした

でも足元で針外れで
痛恨のバラシ

150610_0803~02

でもこのまま粘れば
また直ぐになんて
思っていたら

後ろから一発、二発
大波が

すると満潮にむけて
ガンガン波が大きく
なっており帰りに危険
と判断し残念ながら
撤収作業に

スカリを引き上げようと
下をみるとあまりの波で
スカリのロープが絡まり
魚を入れていた部分が
岩に宙づりになっていた

すまん


幸い発見が早かったので
全員無事でしたがもう
すっかり弱っていました

慌てて血抜きと〆をしようと
ナイフを刺す

2匹目の時、一緒に自分の
指も〆てしまいました

いてー

うわ、血がスゲー

どくどく出てるやん

こう見えて怪我の
治りは相当に早いのが
唯一の自慢だ

でもあまりにスパッと
勢いよく切れたので
怖くて傷口が見れない

口で血を吸っても
吸っても血が止まらない

吸った血をペッと
勢いよく吐き出したら
風で押し戻されて自分
の顔に帰ってきた

大量の唾と血が顔に
浴びそれが計2回も
繰り返されすっかり
テンションもガタ落ちに

あまりの痛さに釣りを
中断しバンソウコウを
買いにコンビニへ

全身撒き餌さまみれ
おまけに顔に血と唾液
だらけの臭~いおやじ
が青い顔してコンビニ
へいった光景は今思い
出しても恥ずかしいのだ

車の中でそれを指に
貼り予備を持っていざ
決戦の地へ

岩肌を上り下りして
現場に着くともうその
時点で指に貼った
バンソウコウはあり
ませんでした

こうなったら気合で
釣りですわ

でも結局海が危険な
状況に変化がないので
やはり撤収です

オイオイ何しに戻って
きたんだか・・・

時計はまだ12時ちょっと
過ぎだし

顔を綺麗にふき
サイド指にばんそうこうを
貼り次の場所決めだ

小泊漁港にやってきた

さっきと違いほぼ
無風に凪だし

やってもグーフー天国
作るだけだし

この春話題の弁天崎へ

150610_1237~01

そこはさすがに先行者が

他にやる場所がないので


150610_1537~02

こんな感じでシーンでした

荒れていればいいんだ
ろうけど

低い磯なので傷口を
海に入れては釣り
また入れては釣るを
繰り返していたら最後
には怪我をしたのを
忘れてしまうくらい
治ってきてましたよ~

切り傷には自分には
本当に海水が効くんです

そのまえに
寝坊から始まり
お金を忘れしまいには
指をスパッと~
忙しい一日でした

でも5枚かけて
一枚リリース
一枚バラシで3枚
キープできたので
久しぶりに楽しい釣りが
出来ました

150610_1137~02





















検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR