早くもスタート!

おはようございます

久々の2:50分起きに気合が入ります

情報ではもうのっこみ
シーズンに入ったとか

ここ数年では最も早いですね

まだ外は薄明るい4;40現地到着

狙っていたとこは波が被りまくり
アチャー
本日ここでのっこみチヌ
釣りまくるはずやったのに・・・

あちこち行くが予報と違い
波も風も相当強いです

一か所だけ可能な
とこあった

行合崎だ

でもここ数年足が向かない
それには訳がある

実はここは元々縁起がいい
それは生まれて初めてチヌ
を釣った場所なのだ

42cmあった

でもその後不運続きの連続

危険な岩肌で命綱が切れる

大きな石の上でバランスを崩し
傷だらけに

とどめは車のキーをなくし日射病に

とキリがないのだ

でも本日はもうココしかないので
何としてものっこみチヌを上げたくて
深浦は行合崎にやってきました

150422_0511~01


見た目はいい
でも横風が強すぎて即撤収

先端に位置する場所へ向かう

150422_1655~01

途中の景色
坂を下りた正面はキャンプ場だ
 
ゴツゴツした大きな岩の釣り場

足腰が弱ってきた最近
運動不足なオヤジには例のクソ
重い背負子をかついで行くには
少々難儀なとこ

ようやくついたが背負子の置き場
にも困るとこ
何処で撒き餌さを作ろうか
この日のために考えた魚を絞めて
活きよく持ち帰ろうと思ったがどこで
やればいいのか?など余計な心配
もしていたりする

でもようやくたどり着いたものの

150422_0745~01

けっこう波風ともに強しだ
実はこういう日に釣りをしていい思いを
したことがない

しかも竿だしできるか不安になるほど
ザバンザバンの波に暫く様子を見る

ギリ可能と判断

通常の仕掛けでは全く馴染まず
直ぐに例のダイワの浮きだ

あっ
今回の餌はイクタ釣り具店さん
おNEWのバッカンはMAX釣り具店さん

しもった浮きが加速しないしただひたすら
しもるだけだ

するとマレにそこから海底へ向かうのが
まさかのグーフーだ

おいおい

のっこみチヌがいれば蹴散らして
くれる筈

自然にしもる場所を発見してそこに
ドンドン道糸を送り込む

糸を張って止めて、また糸を送り出す
これを繰り返しているとコツコツの前当たり

少し待つと
竿先が持って行かれる

お~

もしかして

合わせると

のったが軽いのだ

そう

正体はホッケだ

正直好みではないがお土産用に
ゲットだぜ

その後パタリと当たりが途絶え
てしまった

餌も残るが何もない

久々の早起き
おまけに天気はドンドン
快晴に何も釣れん

150422_0958~01

沖アミの汁が飛び散る汚い
足で恐縮だが完全に寝入ってしまった

慌てて起きたが一瞬何処にいるのか
分からん位だった

余談
帽子を被り変な角度で寝ていたせいで
顔の中心だけ焼けた

そうまさに日の丸焼けだ

今すぐにでもサッカー日本代表の
試合に行けるぞ

そしてランチタイムだ

急な突風でコンビニ弁当の
容器が海に落ちてしまった

すまん、海よ

今日だけは堪忍したってや


磯場に配合餌の袋やタバコの吸い殻
食べた容器など捨てている人が相変わらず
多いですね、必ず持ち帰ろう!

さて後半気を取り直して
ハリスや針を交換

浮きの馴染みがさっきよりいい感じだ

数投後、それが加速して海底深く消えて行った

完全に見えなくなるまで待っての遅合わせ

ズシッ

のった~

ゴンゴンした独特の重量感のある引き
に確信

やった~

きたで~

ふぅーと危ない奇声を連呼しながら
久々のタモ入れが妙にぎこちなく
またそれが嬉しい

150422_1237~01

やりました
楽に40は超えてます

足場が狭すぎて何をやるにも
大変です

実はこの後チヌがタモ網から
飛出し岩と岩の間におちて
危うく海に帰ろうとしました

しかし喜びも束の間
その後数匹のホッケはくるが
本命当たりはなし

根が点在しているので投入ポイント
は限られるこの場所

ほぼ同じとこばっか

飽きてきて仕掛けを回収しようと
リールを巻いたら何か掛かってます

手前にくるとそれなりの重量感

150422_1412~02

いい型のホッケ位に思っていたら
あれっ

150422_1413~03

チヌやん

まさかの掛かっていた釣法です
さっきと同じくらいありました

150422_1414~01

今度はもっと安全なとこで
釣ったとこからかなり遠いとこで針を外す

その後全く当たりがなくなり
4:30に納竿としました

150422_1632~01

他にホッケ11匹でした


神経絞めの用具を
買いに行ったが両店ともに
品切れだったので包丁で
絞めてから血抜きだ

さあ、これで悪い流れは払しょくできたぞ 

行合崎はもう怖くない


明日にも行きたい
浮きフカセ釣り

そう
しもった浮きが加速して
海底深く消えていく~

この快感がたまらん

く~

150422_1650~02

どんよりしていた行合崎も
足腰ヘロヘロながら帰り道
ではバラ色に見えました!


















スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR