何処行ってんだ~!

1507786301625.jpg

おはようございます!

日中ほぼ雨で波も
上がる予報です



直感で急きょ
出撃


ゆっくり来たがまだ
真っ暗何もないとこ
ちょっと怖いっす

なんか声が聞こえ
てきそうな雰囲気

もうバックミラー
見れません

お願いですから
ボンネットや窓を
叩いたりしないで
下さいね

1507786291389.jpg

朝から気負いすぎ?
でやってしまいました

中央やや左の先端
部の手前に行こうと
してまして・・・

ここへは久しぶりの
釣行で満潮なので
道が水没しています

どうせ足首あたりだ
ろと、ところが着いて
みると膝近くまであり
ます

他に方法がない

背負子に両手がふさ
がった状態で海へ
入ります

満潮時はこんなに
水没するっけ?と

磯シューズなので
入った瞬間から
もうグショグショです

パンツも下の方濡れて
しまい朝からなんとも
気持ち悪い

今日はしかも最高気温
14℃だって

この後もう気温は
上がらないようだ


海の中の方が当然
あったか~い

風も強い予報なので
どうなることやら


ようやく岸?に着いて
先端部を目指すが

???

道がない

行けない

アレっ

どうやって先端に
行くんだっけ?

しばらく考えて
ようやく分かりました

行きたいのは一個
手前の方(左に見える)
でした  笑い

おいおいこんな
ずぶ濡れになって
どないすんねー



目的地は濡れること
もなくいたって簡単に
到着できました



おいおい  泣き





両手に荷物で疲れで
ぜ~ぜ~言って下半身
ずぶ濡れになりながら
も行きたいんですな~


釣りたいんです


そして
あの青く丸いお目目
に会いたい一心で

1507786269599.jpg

場所の雰囲気は最高
でも肝心の海はべた凪

シンドイ釣りになりそう

案の定グー地獄

グレを寄せるために
どれ位かかるか



針も残りません


本来なら即移動したい
とこだが今日はココで
粘ると決めて来た


グーしか見えない


色々試すがグー
しか釣れない

木っ端でも見えれば
まだやる気が出るが

雨も降り出し・・・

なにせ下半身が寒い

木っ端サヨリが混じる

じっくりグレを探すが
全くみえない

潮は・・・

大きな黒い雲がどうも
こっちへ向かってくる
ようだ

針はヤバいペース
で減っていきます

あれでずぶ濡れた後
続けるのはキツイので
撤収~

1507786239824.jpg


ひとつ残念なのは
大きなアオリがコマセ
に反応して足元まで
きてました

こんな時は、爆釣する
ことが多いと聞きました

今日はエギ持って
来てませ~ん




もう少しサラシでもあれ
ばと期待したいポイント

沈み根やかけ上がり
などもあり・・・それだけ
に残念でした




午後になっています

時間もないので最近
ではホームみたいな
とこへ

ココでもこの木っ端
釣れるまで時間かか
りました

1507786230544.jpg

その後もサイズが
上がりません

でも、賑やかにお魚
がお出迎えしてくれ
るので飽きません

たまに針もなくなるが
まだ、ましです

そこそこのサラシは
あり・・・



残り1時間でようやく
足裏サイズ


手応えのあるいい
当たりがある

引きは尺越えのそれ
と遜色ない


ラストは怒涛の勢い
で連発

サイズは尺にはみな
1,2cm足りない
微妙な大きさだが

これはこれで楽しい


結局、納得には
まだまだの成果と
本日もなりました

1507786201435.jpg


家族のフライ用に
5枚だけ持ち帰る

青森でのグレ調査
のショボイ釣りは
まだまだ続く・・・


スポンサーサイト

何も出来ずに!

おはようございます!

この秋も天候不順
が続きますな~

大会なども延期や
中止が相次いでい
ると聞きます


私の休日(水)も
毎度の如く
悪魔の休日
継続発令中(泣き)

今回は臨時で他の
日になり大変ラッキー

当日
朝の気温は五℃だ
サムっ

雪が脳裏をかすめる
ね、ホントに寒いの
苦手ですわ~

もうアラレ降ったし・・

10月の初旬だよ



真っ暗なうちに着いて
しまい少し薄明るくな
るまで待って準備

途中釣り人いましたが
皆エギンガーの方

今年は何年かぶりに
好調なようですね

普段はやらない自分
もタックル持参したり
してますよ  


場所は迷いましたが
深浦は行合崎にある
地磯です

風向き的ははここで
しょと!

滅多に来ないとこ
いい時期には一度は
来てみたいなぁと

歩いて10分はかからな
いがごろた石が待ち受
けるのだ

左右の動きがとれない
ほど背負子が重いの
で慎重に歩く

汗が噴き出る

ここは、着いて直ぐに
も釣りが出来る余力
があります


日中はシンドイと聞き
アオリイカの仕掛けを
ヘッドライトで作るが
糸が結べない

これがしたくて急いで
いるので写真もない

ホント見ていると
間違いなく笑われるよ
うなしゃくりで

底付近狙いで


何度かしゃくって
じ~っと待つ

・・・



重いぞ~

もしや

慌ててリールを巻く


おいおい


いきなりの
キロオーバーだ?


それにしても


重い、重い



リールが負けない


でも、微妙に巻けて
いるような・・・?


ね、

根がかり?


でした  (大笑)


何年かぶりのヒットだ
と勘違いし根がかりと
は知らず一生懸命
リールを巻いていた


で、結局1時間以上も
やったのに・・・

激熱の時期にやっても
釣れないのはよほど
下手というかアホなん
ですね


折角無理して、持って
きたのに・・・


貴重なグレ釣りの時間
をさいてまでやって
これかいなぁ


キツイわ~


もう、止めます




さてフカセ釣りだ

ここは普段人が入って
ないので・・・多分

釣りの痕跡も最近のは
ありません


釣り前に、パヤパヤと
見えるグーも今のところ
見えない


一投目


何と餌、残りました

お~

奇跡です


これは、期待が持てます


二投目、餌つつかれる


まだ、グーが見えない


いいっすね~


三投目、浮きが
ス~っと

いい手応えだ!

多分魚が違う?


1507336050555.jpg


こんなんでしたわ

グレは、全く見えません

かわりにウマウマ

そして案の定、グー

でも、まだ大丈夫

浮きが、スコーンと
入った

いい型のメバル


ちょっと深いね


やや、浅くすると
浮きが真下に
突っ込む

1507336023172.jpg

足裏だ
幸先いいぞ~

スカリは使えないと
思い持ってきた活かし
バッカンに入れる

んで、その後
木っ端サヨリがドンドン
増えてくる


浮きが入るが・・・


のらない


立てる場所が狭いので
けっこう疲れます


午後になりサラシが強く
なってきた

1507336233996.jpg



東京時代に覚えたエド
山口さん考案の強い
サラシの攻略方法


普段はどうしても
繊細な軽い仕掛けを
重視するあまり・・・
忘れてました

そして、サヨリを寄せ
サラシにコマセ


仕掛けを入れ

1,2秒後

浮きがズドン

すげー
気持ちいい当たり

これは効果抜群の
釣法でしたね


1507335970319.jpg

今日一
尺近くいった?

もう、この手を逃したら
後がないと思い手返し
よく続ける


浮きは一瞬で持って
いかれます、残念な
がらサイズは上がら
ずでしたが


いい時間帯になって
きました

足裏サイズが連発

そんな中

同じように攻めて
いたら浮きがゆっくり
加速した

合わせも決まり
手応えもありで
したが・・・

やってしまった
痛恨の針外れ

これは、尺越え
間違いなしだった
だけに


もったいない


するとそのサラシの
中に尺サイズより
一回り大きいのが
2,3匹見えだす


これには興奮した~


ドッキドキだ


見えている魚は食わ
ないと、聞きますが
たまに食う時もある



結果は一瞬でした

ハリス切られて終了


猛烈な突っ込みの
後、根に入られ
速攻でブチ切られ
ました~

間違いなく見えてい
た一回り大きいのです

全て相手に主導権
があり、どうすること
も出来ませんでした


また、現場の地形の
把握も全くない状況
でしたが・・・


かけた、だけに
悔し~い!!


でも、やっぱグレ釣り
最高っすわ


悔しいけど楽しいの
が釣りの醍醐味


サラシの中で凄い
勢いで上昇するデカ
グレの姿には惚れ
惚れするとともに
本州最果ての地
でのグレ釣りに
ロマンを感じた瞬間
でした



あの一回り大きいの
をかけたいな~

またまた行く楽しみ
更に膨らむ~


1507336008543.jpg

美味しく食べるため
持ち帰りは10枚に



※家の家内が
言うてましたが
式根島のメジナより
身は分厚いよね

確かに皆、まるっまる
しています

食べる時に、より
それを感じるそうです

ホントに身が厚く
また脂ものってきました

寒さに備えるため
かな?


追伸
あの、キヨさん
なんとG杯秋田
大会で2位入賞

それでめでたく
全国大会出場
決定だとか

実にいいニュース
でした、すげー!!

この勢いで
全国でも頑張って
欲しいですね

おめでとうございます!



根性で!

おはようございます!

昨夜、渡船の電話
繋がらず・・・

んで、今日は思い切って

1506514928645.jpg

椿山周辺の地磯
ここは、途中大変難儀
するところがあり迷い
ましたが

グレ好きで狙いたい
ならここでしょ

もう、着いて直ぐは
釣りになりません

あまりにぜ~ぜ~
が止まらないのだ


まだ9月なので勝負
できると読んで無理
しましたよ~


でも、前回と違うのは
もう海の中、チビグー
だらけ


おそらく何かのタイミング
で消える時を待つのみ
しかないかな


ソロリと少量の
撒き餌にオビタダシイ
数の木っ端グーが


こりゃ、あかん


グレでも浮いてくれば
話は変わるが


他の魚種は皆無だ


場所移動しても状況
変わらず・・・


シンドイっすな


あまりの疲労に
完全な場所替えも
直ぐには無理


だって、来る時に
かなり体力消耗

少し撒き餌を撒いて
寄せることに

でも、寄ってきたのは
木っ端カワハギ
タナゴにベラだけ


エサが残らない


でも撒いていると
下の方に本命の
青白い魚体が本日
ようやくお目見え


でも、サイズがヤバい

木っ端だし



釣れてくるのは手の平
だけ


考えてみたら初めから
豆グーだらけのとこに
来て、しかもよ~く周辺
を観察するとかなり沖まで
びっちり埋まっております



結局ここは本日どうやって
も無理と判断し撤収へ


ここでトコトン粘るつもり
でしこたま積んできたの
で背負子が未だクソ重い

カワイイお目目の
あの青白い魚体に
会いたい一心で

痛みと痙攣が残る
足を引きずりようやく
車へたどり着く


もうヘロヘロの
ヨロヨロだ




向かった先は深浦
漁港の横磯

1506514847182.jpg

さっきと同じような感じ
でもグレの大きさと数
がさっきよりもいい

でも釣ると全部手の平
ばっかり

夕方になりようやく
足裏サイズが釣れだす

残り時間もわずか


サラシのあえて
ど真ん中に重くして
入れた浮きが加速

グレ特有の真下に
向かって一気に消える

合わせ

\(^_^)/のりました


でも、軽いのでガッカリ
して巻いていると突然
猛烈な引きに変わり

あっという間に横に
ある根に入られたと
思ったら速攻で切られ
ました


間違いなく今季一の
グレでしたね~


その後大分暗くなり
当たりが遠のいたので
納竿に

1506514917705.jpg

25~28が5枚
のトホホな結果ですわ

1506514854548.jpg

撤収作業中に
最後に竿受けをと
思ってみたら、ピトン
を刺したところに
ないではないか


竿を片付けている時
ゆるんだのを知らず
しゃがんで後ろ向きで
撤収作業をしていた


その時、背中かなにか
が当たり考えられるの
はそのまま海にドボン


慌てていたので音も
聞こえなかったが・・・


それしか考えられない


そう思って中を覗くと
それらしきシルバーの
棒状のようなモノが見
えています


それをタモで救おうと
何度かやってみるが
ダメ


諦めて帰宅しました



ココは釣れるが
昨年偏光グラスを
そして2週間前にタモ
の網部分を忘れると
いう大失態をやらか
したとこ


悔しいので翌日
取りに行き、潜って
とってきました

1506514814997.jpg


で、前日撒き餌に
アオリが

しかもケッコウ
型がいい

潜ったついでに
普段は絶対にしない
エギングをやってみる

下手くそなしゃくりを
繰り返すがいっこうに
当たりはない

周辺はエギンガー
だらけ

せっかくなので
移動し風がキツイので
広戸漁港へ


聞けば、午前中の
早い時間は周辺でも
そこそこ釣れていた

が午後になりパッタリ
とこなくなってしまった
らしい

錆びついたリールと
短い竿にいつ買った
かわからないエギ

おっさん夢中で
下手くそなしゃくり
を続けるも

な~んもなし


1杯ぐらいは釣れるでしょ
と意気込んだものの
まさかのズーボだ

家族にも今夜は久しぶりに
アオリイカだぞー

あの柔らかく甘い
刺身が食べれると思い
喜んだのも束の間

手元には諦めた
竿受けとピトンが戻った
からそれで充分じゃない
かと


無理やり納得しながら
帰りましたね



木っ端天国万歳!

おはようございます!

西風強風の予報に
深浦は沖一へ

大好きなグレを求めて


思ったより風が弱いの
で端っこへ移動

仕掛け作り終え
さあ、運命の第一投


うわお!

柄杓がない

んな、アホな!!

何度見てもない


こりゃ、アカン

今日はエサ取り
木っ端の中から
どうやって良型を
出すか!


どうやって遠投
を工夫するかが
今日の課題


手で撒く方法もあった
が、何か使えるモノが
ないか?

他の荷物はチャカ場に
置いてきた

1505304650329.jpg

着いて間もないのに
戻るのが大変です
ココは!

なんたって、遠いのだ


近い赤灯台は波で断念



で、結局使えるのが
マゼラーだった (笑)


端っこに乗せて足元
にパラパラと落とす
だけ

遠投どころかチョイ投げ
も無理だ  泣

開始早々、木っ端が
きただけに・・・


次に、撒こうとしたら
もう鯵だらけに


場所をちょこっと移動
でまた木っ端


んで強風になりチャカ場に
帰ることに、トホホ


竿をたたむのが面倒
なのでそのまま移動
これがやっかいなのだ


竿を持つ手は、伸ばせない
ので肘を曲げてさらに
バッカンなどを持つ

この状態で、ず~っと
歩くのが非常にシンドイ

もう、チャカ場に着いたら
ゼーゼーのハーハーだ

こんな時は、まずいいこと
ない


釣り前のトラブルは
最悪の予兆だ



ちゃんとやれば釣れる
状況が整っているのに
・・・自分に腹が立つ


前回釣行時、タモの
上の網の部分忘れて
来た   (ノ∀`)アチャー



気を取りなおして
再会する



超がつくチビグーはいる


マゼラーで、足元へ
パラっと


ややチョイ投げ


エサ残るし


数投でズボッ

1505304460373.jpg


足裏とは、幸先いい!?

その後も

1505304447601.jpg

続きます、しかも
まずまずのが

気がつけば

1505304435751.jpg

スカリがズッシリ
重くて引き上げる
のも大変に

でも、今日はお土産
用にある程度は必要

1504503192761.jpg

家族が、皆煮つけが
好きだ

今日、思ったのは
普段何気なく使って
いる柄杓

物凄い重要なアイテム
だと再認識

マゼラーの端に乗せて
パラっと撒いている
つもりでも今日は
コマセの減りが早い


グーも大分増えて
釣りづらくなってきた


今日は柄杓がないの
でいつもよりある意味
集中してます


ちょっとでも、馴染みに
違和感を感じたら即
仕掛け変更


いろんな事が試せて
有意義でした


午後になり

1505304413352.jpg


コヤツらで釣りにならず


まあまあのやつ
20匹だけキープし後は
リリース

トラブルがあった割には
木っ端ですが超爆釣
しました


迎えの船が来る90分
も前に納竿、これも柄杓
の影響


少しでも上手くなろうと
したら、この時期の
木っ端を釣って釣って
釣りまくるしかないからね


エギは気にはなるが
ここはやはりグレ一本
で勝負します


あの青白い魚体
が下の方にちらっと
見え


撒き餌に乱舞する
様は興奮状態が
MAXに達します


いつでも!!!



次回
忘れ物や準備はシッカリ
やらないとね!!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR