FC2ブログ

親父と沖磯へ②

前回
~ラックで本命
ゲットした親父

なぜか?(笑)
今日も一緒っす

DSC_1636_HORIZON.jpg

社長出船


フカセにハマる
かと思いきや
イソメも頼まれ
て、おいおい?

案の定
イソメのぶっこみ
に夢中だ

親父が大好きな
アイナメを怒涛の
4連発

他、大バラシもアリ
大興奮真っただ中


どうやら
フカセ釣りは
眼中になし

それにしても

DSC_1652.jpg

なんて静かな海


すると突然フカセ
釣りを始める

DSC_1651.jpg

座ったままなので
ウキがしもっても
見えない


ラインで当たりを
とれと言っても
なんのことだか
???



もう少し送り込め
ばというところで
待てないで上げて
しまう


中途半端に合わせ
のらない時間が
ず~っと続く


仕掛けを投げ
竿受けに竿を
置きっぱなし
でイソメに夢中


のっこみのこの
時期にほぼほぼ
自殺行為だ



そんな時に
限って浮きが
しもる



イイ感じで加速
でも当の本人は
気づいていない



しばらくして
ウキが浮いて
きた


本人はエサが
ないのも知らず
そのままだ


釣れる訳がない



数投して

竿を上げようと
したらウキが
真下に消えた
らしい


アッという間に
ブチ切られた
と嘆いてました


自分は
ようやく釣り開始


最初は潮動かず
メバル、ソイ
ホッケにグー


エサがたまに
残ることも



しばらくすると
ようやく
潮が沖へ

いいぞ~


数投でズドン
コレはまず本命
でしょ


最近はレバー
なしのリール
ばかり使っている


ドラグがやや
緩めのせいか
ジリジリ鳴って


重量感もあり
ひょっとして
・・・


期待感半端ない


ないない、

DSC_1653.jpg

42,3か
腹パンでしたよ~

同じような
当たりで
浮いてきたのは

DSC_1656.jpg

久々見たわ

む、無駄に
デカい


浮いてくるまで
本命かと


めっちゃ引き
ホント途中まで
エライ興奮して
しまいました






そしていい感じで
波気も出てきた



親父のウキが
イイ感じで・・・



その隙に
自分のラインが
バラバラ一気に
出て慌てて~


ブチっ


あ~やっちまった



今日一の当たり
を、おいおい
何をやってんだか


仮にも沖磯
しかものっこみ
の時期、よそ見
してるからの
いい教訓だ


その後、再度
いい当たり


今度はバッチシ
乗ったが・・・


あ~やっぱり
君ね

DSC_1667.jpg



その後
何も起きず終了


親父が終了間際
フカセで
フクラゲ追加
したな

DSC_1660.jpg

正直、フカセに
専念して欲しかった
がこの年で~は
上出来かなと

釣れれば
何でも嬉しい
らしいと

まぁ、いいか!


今度はイソメ
買わんでいい
フカセに専念
するからもう1回
だけいいか?
だって


もう男鹿では
グレが釣れ
場所によっては
グーやら鯵だらけ
とか


それらを聞くと
そろそろ


こんなこと
している場合では
ないのだが・・・



今回沖磯で
両手に竿とバッカン

足がモタついて
何度か転びそうに
なっていた


もしそうなれば
大ケガに


来年は流石に
ないだろう


それこそ次回
ラストの渡船
フカセ釣行へ


長年世話になった
親父の頼みだけ
にしょうがない


自分がやらないで
見ているように
すればいいのかな


次回こそ最後
いい思い出に
なるようにして
あげたい


その後は
男鹿だもんな
気合入ります


今から楽しみ
ワクワクして
ますよ~

スポンサーサイト

85歳でウキフカセ釣りデビュー!


いよいよのっこみ
スタートしたよう
ですね

なぜか今日も
助手席には
親父が乗って
ます





実は先日

息子のように
接してきた愛犬
ジョンの突然の
急死に・・・・・


家族一同
深い悲しみの
どん底状態


分転換も必要
ということで
ホッケ釣りもした
んです


ショボイ釣果で
当然、書く気に
もなれず・・・



その釣行で
親父が自分の釣り
を後ろで見て
いました


親父のホッケ釣り
の仕掛けは
どデカい棒ウキ
どデカい針に
エサはイソメ


ウキ止めゴム
になぜか
アチコチに結び目
があり仕掛けが
スムーズに出ない



沖アミだけが
海へ飛んでいく
パターンやね



何度も投げ直す
ので沖アミが~



自分の仕掛けは
スムーズに飛ぶ
のでそれを見て



つけエサも
イソメより沖アミ
の食いがいいと
感じたようで・・・



同じ仕掛けで
やってみたいと


買って来てくれ
と頼まれたが
年に1,2回程度
の釣行だ


俺の貸すから
それでやれば?


じゃあ、それでいい
となり乗っ込みが
始まった深浦へ

ウキフカセ釣り
デビューだ!!


車からは殆ど
歩けないので
沖磯しかない


そんな親父も
御年85歳だ


勿論
親父は初渡船だ


自分の親父が
まさかこの年で
沖磯でフカセ釣り
を始めるとは


驚きしかない


昔沖釣りは
相当やったらしい


いい型の
ソイやメバルが
200~300釣った
とか~


~が○○㎝だとか
釣りのアルアルが
もう止まらない




渡船のオヤジさん
に父親を連れて
行くので出船時間
を遅らせてもらった


ところが
家の親父ときたら
興奮して早起き
したので1時間も
早く着いてしまった


で結局、待つしか
なかった


朝マズメの貴重な
時間を無駄に
してしまったなぁ


連休中とあり
何組か出た後


今年初渡船
なんと車の駐車
場所変更だったり
色々と変更点が
多く・・・


ちょっと
ビックリですわ


さてほぼ
時間丁度位に
表れた船長


話もほどほどに
出発だ


DSC_1488.jpg

午後から雨模様
の不安な天気


自分が先に
降りて親父の
荷物を受け取り
最後に親父が
船から降りるの
を待つが?


なかなか降り
れないようだ


タイミングを
測っているが
手を差し伸べて
引っ張ろうと
したがデカイ声
で危ないから
手を放せー


おいおい
どうやって降りる
んだ?


ようやく降りて
ヤレヤレ


休む間もなく
準備へ


何と言っても
フカセ釣り完全
初心者


コマセから
仕掛けは勿論
年寄りなので
立って釣ることは
出来ない


パイプ椅子持参


降りた島の
岩が滑って
怖かったようで
チャカ場から
動こうとしない


そこは平ではない
ため椅子が
置けない


ヘンテコな置き方
をし背もたれに
座っていた


つけエサは教えた
通りつけた


撒き餌さは
目の前に小さい
サラシがあったので
そこの先端に

撒き餌を一発
そこへ仕掛けを
入れてもらう


投げ釣りや渓流
で鍛えた腕は
流石で一発でいい
ところへ投入


おいおい俺より
全然上手いし(笑)


そしてすぐさま
追いコマセ



ほどなくして
微妙に浮きが
しもり~



いい感じで
ウキが沈み出す



途中から加速し
一気に消えた


えっ?


マジで


ホッケのデカイ
ヤツ??


もしかして
アイナメのいい型
???


親父は
キタ━(゚∀゚)━!


黒鯛だと思う
だって


なんで釣ったこと
ないのに
そんなこと分かる
ねんと(笑)


途中で抵抗にあい
黒鯛特有のグングン
という当たりに
竿を持つ親父の
興奮度はのっけから
MAX状態だ


中々姿が見えない



普段の自分の釣り
と勝手が違うもの
でうっかりタモを
用意してない


とにかく
頑張ってもらい
その間大急ぎで
組み立てた


でも、釣っている
親父は絶対に
本命だと言い張る


普段釣り上げて
いる魚と全く違う
当たりだと


そして大昔沖釣りで
釣った真鯛の当たり
に近いとか?
ちょっと訳がわから
んことも言い出す


ようやく上がって
きたのは?


銀色の眩しい
魚体がキラリ



無事にタモ入れ
成功

DSC_1501.jpg


拍子抜けする
程アッサリと釣れた
本命の黒鯛


しかも何と
一投目だ


当初35,6cm?
家で計測したら
ジャスト40ありました


あまりの嬉しさに
泣いているように
も見えましたよ~


その後
タナゴン


でかグー
がポツリポツリ


後が続かない


針を飲んでいる
のでその度に
外してやる


ラインカッター
もないしガン玉
もないしその度
に呼ばれ
なかなかに忙しい


自分の準備や
釣りは全く出来
ないのは
しょうがない(笑)



そもそも
親父にフカセの
醍醐味を味わって
もらいたい



沖磯の解放感
や景観の素晴らし
さを是非見せたい



自分の釣りは
二の次だ


愛犬ジョンの
急死により
なぜか急に
角が取れた
ように穏やか
で丸くなった
親父を急に
連れて行きたく
なったのが実情




親父がかわいい
ながらもアイナメ
追加


かけた当初は
また黒鯛が
キタ━(゚∀゚)━!


もう大騒ぎ


タナゴも追加後
はシーン


自分もその頃
ようやく参加


親父が黒鯛を
釣ったタナ
は浅かった


しかし
浅いタナでは
全くダメ


エサ取りは
タナゴンとグー


少しずつ深く
するとホッケ

それも大きくない

出たー
無駄にデカイ
グーも


すると心配して
いた雨が


やや強まる


止んでは
また降り出しを
繰り返し


弱いながらも
その後も
ず~っと降って
いる


このパターン
実は嫌いじゃ
ないのだ


この時期
場所は違うが
大釣りした時と
状況が似ている


たまに薄日が差し
たりと目まぐるしい


1時を過ぎてから
釣り座を変えた


すると今までと
は一回り大きい
ホッケが連発


中にはタモ入れ
サイズも


親父も浅いタナで
同じくいいサイズ
を連発



ホッケとは明らかに
違う当たりも
型のいいアイナメ



この時間帯
かなり本命を
意識し集中


いい当たりが
続くが




結果
僅か1枚ながらも
本命ゲット

フカセデビューの
一投目だからね


でかアイナメ
でかホッケ
でかグー
でかタナゴン


全5種で
クーラー満タン
重くて持てない
ほどズッシリ!


自分の釣果は
・・・


でも親父の
あの嬉しそうな
顔は今まで
見たこともない
笑顔だったなぁ


今まで
お世話になりっぱ
なしだからね


親父の会心の
笑顔と帰りの
車中、普段
あまりない会話
が弾む


帰宅後

来週はいつ
行くんだ?
だって
(笑)(笑)(笑)


男鹿のグレ釣行
に備えて
単独でじっくり
プラしたいが


もう1回だけ
一緒に行くか!!


DSC_1512.jpg


親孝行釣行?!

おはようございます!

のっこみが兎に角
待ち遠しい

そんな時期になって
きましたね

昨年同様に
今季もホッケが
順調なようです

何度も言いますが
個人的には好き
ではないのですが

いかんせん
喜ばれる魚なん
ですよね

ましてや、昨年
暮れから年明け
と全くまともな
釣りが出来て
いません

しかもこのホッケ
甘く見てると
中々のかなかな

イイ感じで浮きが
入っても針掛かり
してくれません


かなり待っての
遅合わせでも
のらないのです



食いが甘いのか
角度の問題か
などなど・・・


グレじゃあるまいし
針やハリスの号数
を落すのは流石に
したくないしね


なんて思っていると
それを見透かす
ように遊ばれたり
もします


そして今回の
ホッケ釣りの
一番の目的は
親父を連れて
行くことなんです


釣りのスタイルが
違うし…一緒に
行こうという発想が
存在しませんでした


しかし親父も
もう直ぐ80も半ば


年明け早々から
春にホッケが釣れ出し
たらまた行こうと


楽しみにしていた
ようです



平日なのに
狙っていたとこ
もう人だらけで

諦めてコチラへ

DSC_0903.jpg

立った状態で
釣るのは無理な
ので普段は
パイプ椅子持参


でもここは磯でも
比較的形状が
座りやすいとこ
が多いので


何投かすると
いい当たりのよう
引きが強いと
大騒ぎ

DSC_0908.jpg

これでも40は
ないんです


安心して
自分も釣りへ


ポツラポツラと
釣れてきます


しかも針外れ
に自然リリースが
連発し意外に
数が伸びない


それでも50位は
いったでしょ!


もう十分です


隣にいたお方
スカリにいれた
ホッケが重そう


海に落ちそうな
ほど入ってました

ハタハタじゃ
ないんだから(笑)



付近のアベレージ
は釣った中の半分
が30~35位か


もうチョイやね



しっかりやれば
三桁はいきそう


でも十分に満足
したので
今日は終了


DSC_0930.jpg

向こうに見える
入前崎には
ザっと見て
30~40人は
いるね~


スゲー



DSC_0954.jpg


一夜干しで
中々美味かった
かな~


自分的にはもう
十分なんですが
親父が出来れば
また来週も
お願いしたい
だって


ひ~っ


だったら
小泊方面で
型物を狙いたい
けど



堤防は
トラブル連発で
回避したい


磯で車からの
距離が近くないと
いけない


険しいとこは
無理やし・・


場所の選定が
ムズイのう


予定通り!

おはようございます!

年末の竿納め
またも
出来ず(泣き)


年明けも・・・


このまま
のっこみまで冬眠
と思いましたが


何気なく天候
確認したら
夕方までイケる
じゃん?!


寒クロに会いたい
最悪
鮎ホッケでも


こんな日はまたと
ないチャンス



道具一式車に
詰め込み暗い
内に出発だー



道路に雪はない
ので早いね

釣り人はなし



もう2月だし
寒クロは期待薄
やっぱ本命鮎~
だな(笑)


最悪、グーでも
いいのだ
親父が鍋に入れ
るので木っ端以外
だったらキープ
してくれだって


場所は艫作


グーでもいい
なんて
こんな釣り
人生初だね(笑)


超お気楽
モードだし



しかし雨
止みません
1時間待機で
ようやく車から
出た


道中、濡れて
いるため岩
めっちゃ滑るね


しかも、海藻まで
ついているので
かなり怖い


1549512150361.jpg

さて第一投


残る



その次も



ドンドン深くして
いく


そのまま



またまた深くして



手つかず



通常なら
心臓バクバクだよ



でも今日は



ちっとも嬉しく
ないね


ヤバいね



そもそも
生命反応がない




やっと上がった
雨が降り出す



微妙に強まる


急いで
重い仕掛けで
ドンと底をとる


シーン


もう撒き餌
ドカ撒きじゃ~


鮎~でさえくる
気配全くない


雨がいよいよ
本降りに


急いで撤収

1549512178530.jpg

他のとこは


風ビュービュー
で雨だし・・・


で終了



スーパー
パーフェクト
ボウズ



全て予定通り
です!



何か問題でも
???

気づけよ!

おはようございます!

ここ最近の予報
は全く当てに
ならん

正直迷ったが

寒グレに
会いたい一心

早めに落ちる
予報を信じて

朝1,9でしたが
なんと現場到着時
1,6まで落ちて
いた

ラッキー

1545100677565.jpg

思ったより早く
落ちたので

内心、こりゃ今日は
ついているなと

1,5mでも
竿出しさえ出来
れば悪くても
2,3枚はゲット
出来るでしょ

手前こんなにも
荒れているのに

気にもせず
ドンドン歩を
進める

1545100657966.jpg

いやいや
ケッコウ
な荒れだわ

ここまで来るのに
大変なんです

簡単に後戻り
出来ません

落ちるまで
時間を潰して待つ
ことに・・・

1545100640304.jpg

って
現場行けない
っしょ???

迷わず

即撤収!!


前回の1,7m
より全然
高かったぞ
今日は


椿山先端着いて
直ぐ撤収よりは
まだマシだが


もうぜ~ぜ~
止らないよ


コンクリ塀
降りる前に
気づけよ!!



超無駄な体力
消耗したが他へ


いいとこは
何処も無理だね
今日は


何とか強引に
竿出し出来た
とこで

何と

釣れました

4匹も

ホッケが(笑)


終了ー!


ハタハタもきて
グーだらけだし
ここは無理せず


年明けの方が
いいのかな?・・・

プロフィール

フカ せたろう

Author:フカ せたろう
準備段階で既に
楽し、浮きが
真下に加速した
ら、もう・・・

グレ釣りこそ
まさに至福の時!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR