グレを追いかけて!

おはようございます!

諦めていたこの日
ガッカリしながらも
予報チェック

あれ~行けるかも

釣れなくても兎に角
竿が出せればいいと
突如出撃

着いたのがほぼ昼

何か所か迷って
自称HG(椿山)に
久しぶりに到着

当然だ~れも
いませんのでゆっくり
準備して下山

草刈りなどしてない
ので歩きづらいこと


最近渡船ばかりで
たまには地磯でも
釣らないと足腰が
弱くなるなと

久々に背負った
クソ重い背負子には

なぜか丸一日分
の餌など

もし万が一少なく
持ってきて足りなかった
時のことも考えて
積んでしまった

例のスパイクピンが
全く効かないブーツ
はやはりツルツル
滑って怖いこと
怖いこと

1502422155520.jpg


先端付近に行く
つもりが、あまりの
疲れと大粒の脂汗
が酷く途中で断念

ここでも、尺越えは
何度か釣っているし
まあ、いいかと

しかし、先端まで
行けないほど体力が
なくなっているのには
ショックでしたな~

仕掛けを作るまで
どんだけ休んだことか


開始、数投で

1502422190410.jpg

木っ端登場だ!
これはちょっと嬉し
かった

この後の展開に
期待が持てるからね

ややさっきより
いい引きで

1502422179209.jpg

チャーリー

で、この頃から
どうも腰の具合が
おかしい

急な張りを感じその
場にうずくまる

ヤバいっす

軽いギックリ腰だ

しばらく休んで再開も
どうも調子が上がらない

木っ端を追加した後は
チャーリーの連発だ

いつもに比べて
やたらチャリ子が
多いような気がします

でも、もう腰が持たない

餌も時間もタップリ
あるけど無念の
ギブアップ

夕方になり下の方に
良型が見えてきた
だけに残念でした

後片付けもやっと
終え、帰り路へ

岩の上で動けなくなり
坂道や階段で何度も
仰向けになりやっとの
ことで車までたどり着く


帰りの運転もしかり
地獄でした


今思えば、行きの
下山の時に既に
ヤバかったのかな

最近は、背負子を
担ぐ前に準備運動を
していたのに今日は
しないで行ってしまった

皆さんも
ギックリ腰には
気をつけましょう!


ブヨもまだいるし

スポンサーサイト

夏沖磯にグレを求めて~

1501059229961.jpg

おはようございます!

まだまだ鯛っ気が強い
海かと思いますが
大好きなグレを求めて

小泊や竜飛方面の方
が可能性高いと思い
ますが、今日も深浦です


しかも、4時少し前に出船

普段人っ子一人いない
深浦漁港も電気浮きで
何を狙っているかは不明
だが数人の釣り人発見

1501059122116.jpg

大好きな長嶋とハナレの
間を通り抜ける

根やミゾが沢山ある
長島も魅力的だ

散々迷いましたが

1501059186802.jpg


今日は一度は上がって
みたかったコブダイ島


遠くから見ても上磯
しやすそうな平らな
形状はとても釣りに
適している?

1501059161143.jpg


潮通しはよいとこと
聞いたが、さてどこを
どう攻めるのか
皆目見当もつかない


磯回り全て出来そうだが
漁港向きから始める


数投で浮きが消し込む


上がってきたのは
赤い方、30あるか
ないかの塩焼き用


やっぱりまだ
鯛っ気だ


巻き餌に乱舞する
のはグーのみ


直ぐにグー天国へ



釣り座を変え
また赤い方
サイズはほぼ同じ


大遠投してもグー


そしたら、何やら
青っぽい魚が・・・
もしかして???




お前かい


1501059028926.jpg


初めて釣りました
間近で見るとケッコウ
かっこいい魚でした

1501059008797.jpg


これも混じりタナゴや
ベラが頻繁に竿を曲げる


肝心の青白い
例の魚体はいっこうに
見えない


一面常時グーまみれ
ではないので釣りは
成立するものの・・・


1501058872849.jpg


海は静かだ
風がそこそこあり
先週同様しのぎ
やすい

ヤバいと困るので
ペットボトル10持ち込む

でも、今日も半分で
すみそうだ


攻める場所が沢山
あるので、いつ何時
何処でヤツが食って
くるか分からないので
常に緊張感がある

そして、時間も
あっという間だ


午後も大分まわった頃
ようやく本命と思われる
青白い魚体が下の方に
見えだす


それも1,2匹だ


極力少量しか撒かない
巻き餌を多めに撒いて
グレを寄せる

全く浮いてこないが



う~ん


2,3匹かな


型は木っ端ながら
足裏はありそうな
サイズだ


重い仕掛けは好きでは
ないので軽いのをシモル
ようにセッティング



当たりは、タナゴン
無駄にサイズが上がる
ベラのみの中

いい当たり


合わせも決まり



ようやく会心の当たりだ


引きが、どうもそれらしい
いきなり尺越えか?
いい重量感だ~

ニヤニヤしながら
引きを楽しむ

そして、ようやく
上がってきたのは

???



30ちょい







黒鯛でした(笑)

かな~り

がっかりっす



その後、わずかばかり
いたグレは姿を消し
まさに辺り一面グー
天国と化し意気消沈

期待した夕方も状況
変わらず

1501058923988.jpg


28~32,3
4匹のなんとも
微妙ーな釣果



でも、グレがようやく
見えたので今後に
ちょっぴり期待です


エサ代も馬鹿になら
ないしシンドイ釣りで
すが、自分には情報
がほとんどないので
こうして自分で釣る
しかないけど・・・


でも、そんな手探りでも
楽しいこの釣りはやっぱ
最高っす


次回は、グレに会えるか!!




真夏の深浦で沖磯釣り!

おはようございます!


7月初旬に沖一文字
にてグレ釣行に行って
きました

結果は木っ端数枚
MAX24,5cm1枚
で一瞬期待しました
がそれっきり
あまりにしょぼいの
で写真もなく・・・

グログはお休み



今日は、夏の沖磯で
青森県内では初釣行


本当は、小泊沖磯
行きたかったが
なにせ単独釣行なの
で・・・


深浦の黄金崎渡船
さんは単独でもOK
と大変にありがたい


この時期のグレはどうよ
と期待感いっぱいで
沖へ向かう

船長さんは、とてもいい
人だが相変わらず会話
が~

どこでもいいのだが
二つほど希望を伝える

①潮が通る
②根やミゾがある

そしたら、①ならここだべ
今回は①を選択

普段よりけっこう
走りました


1500469532452.jpg








残念ながら、名前がない
というか知らないとのこと


例の空撮には、名前なしで
端っこにちいちゃく載って
ました


凪じゃないとのれない
ので滅多に上がれない
らしい


チャカ場付近はケッコウ
波がありなんとかのれた


ウヒョー

超ラッキーでしょ



テンション上がり
まくり、なんか男鹿の
焼き飯行った時のに
近いかも



釣れるかどうかも
わからんし、どんだけ
のポテンシャルの島か
もなんもかんもわからん


でも、なんかドキドキ感
半端ないっす


しかも、べた凪ではない
ので余計に


1500469683648.jpg


対面の陸地はいつもの
走り慣れた道

こうして
眺めるにも不思議な感じ
がした



1500469578827.jpg


左端のちいこいのは
ご存じコブダイ島だ

一度はのってみたい


このあたりでは、もっと
も実績や人気のある
島のようです


さて、開始
もうグーが見えてます


それも、偏光で確認すると
グーだらけじゃないか!


ここまで来て、グー天国
で終わるかのか


大事なのは必要以上に
巻き餌を撒かないこと


本日はあまり潮まわりは
よくない日だがさすがに
ココは流れてくれてます


グーも島全体を覆うまで
はなく、それでも我慢の
時間が続く


熱中症対策で持ち込んだ
10本ものペットボトルも
心地よい風があり全部
飲まずにすみそうだ


巻き餌に、乱舞するグー
の数が増えまくる展開に
小休憩だ


タナゴも見えないし
他の魚種は皆無状態だ


例の青白い魚体が見える
までは根競べだ


それは、突然でした


今までやっていなかった
チャカ場付近に投入


グーがいません


いい感じで浮きが入れば
と思っていると


ゆ~っくりしもった浮きが


ビュン


お~


キタ━(゚∀゚)━!


何がきた?


重量感はあるがいとも
簡単に浮いてきたのは


チヌだ、しかも
いい型だよ~





活かしバッカンの準備
してねぇしそれに暑さで
魚が弱ってしまう・・


焦りまくりっす


あまりにあっさり釣れた
ので少々拍子抜け


でも釣り開始から
4時間半経過




未だこの時点でグレ見えず


その周辺を狙うがやはり
グーが増えだしたので
場所変え


足元には、どこもかしこも
グーだらけ


しもっても当たりは
全部グーがつついている
だけで油断してました


何度もそういう当たりが
続く中、海の状況確認を
していたら


バチバチっ


指を弾くとは
まさにこのこと


あまりの下への突進に
慌ててしまいました

竿をおこすのに必死で
ベイル、オープンのまま
でした


急に軽くなりました


気がついて慌てるも
時すでに遅し


痛恨の針外れ


この当たりは、間違いなく
大物です


付近にいるならば
まだまだ勝負できる筈


すぐさま、投入

グーは案の定いない


大チャンス

今度は、油断なんかしない
で浮きをジ~っと

しもったと思った浮きが


スピードをゆるめること
なく海底にすっ飛んで
いった


今度こそー
とったるでぃ


ブチっ


えー?!


おいおい、また???


道糸から切れてました


バラした上に
大切な浮きロストで
ショックっすわ~



グーが多いから
それが原因としては
一番考えられる

こんなことしてんじゃ
まだまだですわ

トホホ




気を取りなおして


浮きがモゾモゾして
入る、今度こそで合わせ


軽いっす



上がってきたのは
まさかの、赤い方

30位でしたが
キープしました


普段、赤いのはやらない
がたまにこうしてきてくれ
と嬉しいもんです


1500469600483.jpg



その後は、やはりグー地獄


海はというと、ケッコウ荒れて
きて風も強まる


ここの船は小さいので
この位になるとやや不安に


港を出るとき、もしこれと
同じ状況だったら多分
出ないだろう


もしこれが続けば、撤収
しないと


前回、男鹿で撤収している
だけに何とか持ち直して
欲しいところ


船長はアナログな方なので
携帯やスマホは持たない


向こうから連絡はこない


こっちから℡しても
お昼時と夕方にならない
といないのでちょっと困った


予報は、悪くなかっただけ
にここは落ち着いて落ちを
待つ



また、おそらく船長は
どこかで必ず見ている筈だ


本当にヤバい時は必ず
迎えに来るに決まっています


案の定、落ちてきました


正直、一瞬ヤバい?と
思いましたよ



午後になりようやく
エサ取りにタナゴ混じる


サイズはいいっすね


でも、グーが多すぎて
餌が届かない


無駄にデカイ、ベラも
混じる


こうなると、グレが登場する
のも時間の問題かと


1500469662914.jpg



もうここに来て8時間も
経過しているのだ


でも、たまにズドンと
きてくれるから全く飽きない
のだ

飽きないどころか
めっちゃ楽しいではないか


ここのポテンシャルの
高さ十分に認識できました


いい時来たらどうなる
んだろう???

日が傾いてきた夕刻に
期待したが結局グレ
登場せす


姿を見る事なく


最後に粘って30半ば
追加で終了


ここを選んだ決め手が
潮通しのよさと
船長が先日付近で
サザエ漁の時にメジナ
見たと言ってので


残念ながらグレには
会えませんでしたが
まさかの鯛釣りで十分
に堪能できました


それにしても
グレは何処へ???




迎えの渡船がやや早く
来たので後片付けが
ちょっと雑になりました


最低限はしましたが


今思えば、細かいゴミ
拾い待ってもらってすれ
ばよかったと反省して
います




7月も後半に入り沖磯で
のフカセ釣り


まさかの展開でした


鯛が寄ればやっぱ
グーはおとなしくなる
の典型的なパターン


それとこっちでは
珍しいトビウオが
いて1回かけましたが
バラシました


鯵やサヨリ、シマシマ
がいないのでそれも
原因のひとつかも


こうりゃ、もう1回は
きて確認したいです
な~

当然
グレ狙いでね!!


1500469510812.jpg

男鹿釣行④!

1498134073619.jpg


う~ん
ヤバいっすね

またもや来て
しまいました


最近、毎週なので
大変な感覚が麻痺
してきて往復400
キロも苦にならなく
なってきました



あまり深く考えず
予報も見ないで
ついつい・・・


一人でも
楽しいビールタイム
の始まりだ


おつまみが辛いの
で2本はあっという間


でも、心なしか外の
風が強まっている


早々に就寝


まぁ、朝起きたら
おさまっているでしょ



車がスゲー揺れている
地震かと思って夜中
起きた




音もスゴイ



大丈夫かいな

雨やら何やらで夕方まで
は勝負できるんじゃないか
と思って来ては見たが

1498134089552.jpg

前に2台で計6台
最盛期とはいえ
なんとも寂しい・・・


皆さん敬遠されたの
かな??


前回ビッシリ満員
御礼だった金竜丸さん
今回は貸し切りだ



海が思ったより波が
あり水しぶきがスゴイ




出船前に
ゆっく~り準備していた
が最後に来たレイン

そう、この男鹿釣行に
買って4回目の着用

チャックの閉め方が悪く
噛んでしまい中々直らず

焦らずゆっくりと・・・
全然動かない
しまいにはセンドさんが
見えたので少々強引に
引き上げた


すると引っ張る部分から
全部とれてしまった(゚д゚)


またもやチャック事件
発生だキャ━(´ェ`)━!!!


そう、このスゲー水しぶき
を浴びながらチャックは
しまっていない


でも上にベストを着ている
ので一見わからない


問題は雨が早まって
土砂降りになったら
お釈迦である



センドさんが
風を背に出来るとこ
ということで着きました


大ざっぱに攻め場所を
聞いて、それでも意気
揚々と降り立った


切りたったその磯を
右へ左へ釣り座を
考えるが



風は予想外にわまって
いるので決めづらい



1498134123080.jpg

大分走ったと思われ
たココ


でもよ~く見ていると
目の前に見えるのは
先週上がった焼き飯
に見えるが・・・


最初はわかっていな
かった


ってことはここは途中
から釣り人が上がって
いたあの切りたった磯
だな?


随分走ったと思ったの
で最初は全然違うとこ
かと思っていました


釣り座はチャカ場付近
足元にぱらっぱらと
巻き餌


タナゴンがパヤパヤ


数投でタナゴン


やや沖目で


1498134047633.jpg


木っ端登場


その後
ウマウマ
シマシマ
ベラ

チャーリーも
勿論登場


1498133997176.jpg


いい引きでやや期待
したがこのお方でした


30ちょいかな


加茂沖磯は黒鯛の
魚影が濃いとこですね
いつ来ても釣れます


本日の釣り座
とにかく魚は釣れます


際や手前はシンドイ
ので沖目に狙い


いい感じで浮きが入る
でも木っ端のみ


タナを変えるも変化なし


場所移動


地方よりの根の付近
ここは面白かった


ドンドン型も上がっていく


1498134029098.jpg


でもやはり風がスゴイ
途中何度も小休憩に
おいこまれる


タナゴンに混じりグー
も出てきた

そしてまずまずのグレも
上昇してきた


狙った通り、仕掛けが
飛べばほぼ100%で
釣れてくる


型も上がってきて
これからという時に
まさかの大荒れ


正直立っていられない
ヤバい風でした


おまけに雨も


何とか仕掛けを交換
元々見えないのに加えて
この嵐で手間取りました


道糸が風で大きな弧を
描き仕掛けが入らない


普段なら絶対にしない
ようなスゲー無茶苦茶
なフカセ釣りになっている


それでも、浮きが入る


23,4cm止まりだが
やや沖目にこう少し
型のいいのが見えて
いるが・・・


仕掛けが届かない


どうやっても無理


それよりも身の危険を
感じるほどの風

途中で来たセンドさん
多分早上がりのお客さん
を乗せている


この後、大荒れになる
ので早めに上がるように
と言われた

1498133837885.jpg


もうこの時点で無理と
判断し即刻撤収作業へ


マックス26,7cmで
数十枚



写真では伝わらないが
何枚も撮った中の1枚

風の強さを何とか
お伝えしたくて・・・


でも、全く伝わらないね



少々でも無理してやる
自分がギブアップするほど
スゴイ風でした


渡船で早上がりは人生初


もうね、最後は雨もスゴイの
でチャックがないレインを
重ねて手で押さえてジ~っと
30分くらい動かずしゃがん
でいましたよ~


1498133823524.jpg


北側では、良型もあがった
みたいです


自分は与えられた場所で
ベストを尽くしました


残念ながら、型物は出ま
せんでした男鹿釣行


でも、海は全てを包み
込み嫌なことなどを全て
忘れさせてくれます



そんな加茂沖磯で釣り
が出来た喜びは自分の
宝です\(^o^)/



ただ、この素晴らしい
磯も行くたびに臭く
汚くなっている様は
残念でならない



声を掛け合いキレイ
にしこの素晴らしい
環境を守りたいもの
ですね


いつ来てもここは
夢がいっぱいです


最後に
釣り座や釣り方を
悩む前に


釣る日を選べと
自分に言いたい




早上がりのお陰で
まだ明るいうちに
帰宅できた


男鹿釣行③!


40オーバー
今狙わない
でいつ狙う!


1497508993272.jpg

バタバタと準備して
慌ただしく出発し
予定通り到着

もう既に、3台います
さすが最盛期

2本あっという間に
飲み干す

疲れもあったせいか
既にほろ酔い気分


前回寒かったため
今日はバッチリ

今朝は更に
冷え込んだね


1497508980027.jpg


起きたら寝る前と同じ
3台でしたが、出船時間
が近づくと13,4台は
いたと思う


今回もお世話になるのは
金竜丸さん


船は釣り人でいっぱいだ
当然ながら皆さん
やる気満々っす

今回も何処に上がれるか
分からないのがスゲー
楽しみ






今回は南方面だ



なんと、まさかの
焼き飯が空いている


センドさんから、どう?


勿論、答えはイエス

それにまだ選べる
立場ではないしね


昨年来て2回も上がった
それも超一級磯である
自分は未だ、大した釣果
はありませんが・・・


グレの実績は申し分ない
し大型のグレに切られた
話も聞いた


また、ここの好きなのは
眺めです


この絶景の景色を見なが
らの釣りはまさに至福の時


ここを占領し、独占して
自分の釣りに没頭できる


こんな幸せはないね


毎回、時間が足りない
いつも10時間以上は
いるのに


グレ釣りでは特に
仕掛けや攻め方を変え
ます



要するにやる事が多い
だから毎回あっという間



24時間でも足りない
位だ、泊まってやれた
ら面白いだろうね



飯はセンドさんに出前
頼んだりして・・・

あっ
怒られるかなー


ブヨが凄そう
寝相が悪いので
海に落ちるな





1497508926308.jpg


今日は凪だ
釣りやすいが、あまりも
静かだろ


たまに言う独り言や
屁の音が聞こえそう
じゃないか


そ~っと
巻き餌したのに



タナゴンだらけ




離すと直ぐに木っ端登場



でも、本日も巻き餌に
見えるのはタナゴンだけ



グレは、全く見えない
まだ深いね~



更に深くしたしたら数投で
勢いよく浮きが消し込む



1497508900780.jpg


木っ端ながら今後に
期待がもてる


その後まさかのサイズ
ダウンの連続


攻めるポイントは昨年
キヨさんに聞いていた


その辺を丹念に繰り返す



いかんせん、木っ端のみ


前回の反省から
今日は仕掛けをあまり
固執せず思ったら即交換



途中、針がかりしない
展開が続く



乱舞するタナゴンの中に
ようやく木っ端が混じり出す



型は、小さいなぁ~
ほぼ手の平だもん



1497505996248.jpg

ゴッツー日差しに
上だけ薄着になり
気分も新たにする





金竜丸の船が何度も
行き来する


やっぱり6月はアツい
時期なんだということ



近くを通った際に
現在の状況を説明

直ぐ横の切り立った
磯に釣り人を降ろす


勿論、場所変えなんか
考えてもいないし
なんとか粘って納得の
1枚だ


集中、集中ー



いつもこう前向きだと
いいんだが・・・




がむしゃらにひたすら
ひたむきに竿を出すあまり
飯も食わず水分もとらず
で手足が痙攣する



※普段の釣りの帰り道
同じように足が痙攣し
アクセル、ブレーキが
踏めない

そんな時左足で運転する
器用な一面も


でも、危ないので
今は止めました






今回も前の車があまりに
も遅くて・・・眠いしヤバい
のでコンビニで休憩


カップ麺にお湯入れて
待っている間に爆睡


起きてビックリ
違う食べ物に
w( ̄o ̄)w









他には

1497506886739.jpg


途中、風と流れが速く
なり釣りづらい状況が
続く


これがケッコウ長く
響いた



時計を見て驚く
もう13;30だ




さっきまで見えなかった
まあまあのサイズのグレ
が見えだす


その風と流れも弱まり
やっときたかと
深い仕掛けを急いで交換



水分もとっていなかった
せいで指がつりハリスを
結べなくて参った



普通こんなことないよね
アホちゃうかと



ようやく結べ余りを
カッターで切る際にせっかく
結んだハリスを切ってしまい
トホホに(`o´)


もう1時間ちょいしかない



焦ります


夢にまでみたナイスな
グレが沢山浮いてきた


2,3投でノッタ
キタ━(゚∀゚)━!

1497507028620.jpg


でも30には、ちょいか



いい感じで浮きが入るが
のらない



針を小さくするも
成果なし



巻き餌のおこぼれ
頂戴のあたりに




更に大きいグレの姿
がチラホラ
もうテンション上がりっぱ



餌は両方タップリあるが
明日の仕事のことも考え
ここで納竿



延長したかったなぁ~



ある程度やれることは
やったつもりです


でも、あの時間になって
まさかのいい型のグレ
があんなに湧いてくる
とは・・・・・



ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!



ちょと、悔しいというか
なんとも言えない気分
で船に乗り焼き飯を
後にした

1497505930734.jpg




迎えの時間が迫り止めた
が今思えばもう30分は
出来たか?



漁港についてセンドさん
と計測、30はなかった


40どころか30にも
・・・まだまだ遠いなぁ~






キチンと〆て血抜き


こんな小さいグレを
刺身にすると聞いて
ビックリしてました

今日は、グレの漬け丼

1497509922716.jpg


最高っす
グレはどうやって
食べても美味いっす


型は小さいけど・・



磯フカセ釣り
さいこー!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR